週刊新潮VS財務省の戦いに!?福田次官の否定発言にコメント 「見解は次号に掲載」


4月16日に財務省の福田淳一事務次官が女性記者へのセクハラ発言を否定した問題で、週刊新潮側がコメントを発表しました。

週刊新潮は疑惑を全面否定した福田次官に対して「見解は19日発売の次号に掲載します」と述べ、次回号で具体的な見解を掲載すると言及。
福田次官の発言に反論はせず、あえて次号に期待感を寄せるような感じのコメントとなっていました。

次官を擁護している財務省と週刊新潮側の全面対決の模様になってきたと言え、国民からは次官の辞任を求める声が高まっているところです。

 

福田次官、セクハラ否定 対する新潮「次号で見解」
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20180416-00000027-ann-bus_all

福田次官を巡っては先週発売の週刊誌で女性記者へのセクハラ疑惑を報じられ、証拠とされる音声も公開されていました。これに対して、週刊新潮は「見解は19日発売の次号に掲載します」とコメントしました。

続きを読む

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    新潮は嘘だと断言をした福田さん。
    新潮に更なる決定的な証拠を出されて轟沈するようなことがないといいですねw

  • 匿名 より:

    本当に、現政権になってから、これまでだったら、早々に辞任するケースでも、とにかく頭を低くして嵐がすぎるのを待ってれば、次々と政権のボロがでてきてうやむやになるパターンが増え、「安倍についていれば、何をやってもゆるされる」という空気が蔓延してる気がします。
    福田氏にしてみたら、詩織さんに裁判起こされた山口氏に比べたら、大したことやってないって意識なのかもしれませんが。
    アベ政権によって、政官の中枢が汚らしく腐っていってる気がしてなりません。

  • 匿名 より:

     空騒ぎ狙い、臭いよな…
     乗せられる?ことには注意が必要だ。

     福田は、安倍一味の逃がし役…?
    けれども自分も居残れる策だろう。そもそも、登場の仕方のおかしな事件発覚だ。
    奇妙な強調があちこちにあって…ちぐはぐだ。
     福田の台詞といえば、変態的だが、飲み屋での普通のおやじの会話だろ?
    伊調顔面殴打悪口の限り活動拘束てんこ盛りパワハラ栄ハゲと比較してみろよ。

    ・隠れたまんまの女性記者と、
    〝↑安倍トモレイプ犯山口の、被害者、訴え却下の重大権利侵害中の伊藤詩織と比較しても、セクハラ度はまったく比較にならないだろ?こんなの…。詩織の極大人格破壊と人権侵害はどうした?事件の扱いが違いすぎるぞ、新潮よ~。詩織の悪役化も想定するか?〟
    ・おかしな編集痕跡の録音テープと、
    〝↑妙なお手つき細工済みテープを断り無しにテレビでさんざ流しまくっている〟
    ・確信犯ブレーン福田が、自然をよそおった語り口で、国民に信じ込ませたい官邸擁護台詞が、特に鼻につく。
    〝↑突然、この件限定で財務省叩きに名乗りをあげる新潮…。他の攻め口の攻撃はおとなしい。なのに、財務省と新潮の戦争なの?〟

     事前に、新潮側と裏取引済み。
    >官邸への国民批判大集中を交わしたくてしかたがないのが本音なんだから。
    売国政府は、いかさまばくち芝居は本職で、動機も十分。

    不始末取材に不始末記事を、新潮にあげさせておいて、
    野党、国民を、さんざ乗せまくり騒がせて、時間稼ぎをして、そのあとで、
    >悪かったのは、意外にも全面的に新潮側であって、
    財務省側には大した非はなくて、疑問に思った腐敗仲間側記者が調査を進めていくと、
    やっぱり官邸も全然悪くなかった真相に突き当たる~糞筋書き ?

    もし、そうだとすると、これひとつじゃなくて、
    財務省絡みで、もうひとつくらい何かを用意しているんじゃないか?
    ★野党側の福田以上の週刊誌スキャンダルとか。
    特に、今の時期、でっちあげでもかまわんわけだし…
    週刊誌絡みで来そうな予感。山尾の時は効果絶大だったしな…
    なにせ、ナチスの手口の踏襲者等なんだから。
     こういう内容である場合、たとえば、
    ・官邸から巨額の政務活動費が、新潮の隠し口座に流れていたとか、
    ・実は録音テープの作成と編集は財務省内でやっていたとか、
     もし、つかんだら大した事件だし、大したジャーナリストだろう。