甲賀市選管が白票を水増し!事務局長らが未開票の票を焼却処分 警察も捜査へ 


滋賀県の甲賀市選管が昨年10月の衆議院選挙で、白票を不正に水増ししていた事が判明しました。

報道記事によると、市総務部長と書記を兼ねる総務部次長、総務課長の三名が協議して水増しし、その後に見つかった未集計の投票用紙を廃棄していたとのことです。
市総務課長は警察の取り調べに対して「自宅の焼却炉で処分した」などと証言しており、県警は公職選挙法違反(投票増減)容疑で捜査を開始しています。

総務部長らは動機について「未開票の投票用紙を捜したが見つからなかった。開票終了を遅らせないためだった」と述べ、開票時間を長引かせない目的だったと言及。
票の数から選挙結果には影響を与えないと見られていますが、勝手に票を水増しして、未開票の票を燃やしたのは重大な違反行為だと言えるでしょう。

 

総務課長「投票用紙、自宅焼却炉で処分」
https://mainichi.jp/articles/20180208/k00/00m/040/082000c

 滋賀県甲賀市選管が昨年10月の衆院選・滋賀4区の開票で白票を不正に水増しした問題で、水増し後に見つかった未開票の投票用紙について、市総務課長が「自宅の焼却炉で処分した」と県警の任意聴取に説明していることが捜査関係者などへの取材で分かった。処分は上司の総務部長らと協議して決めており、県警は市幹部が組織的に不正の隠蔽(いんぺい)を図ったとみて公職選挙法違反(投票増減)容疑で捜査を進めている。

 

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next
   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    公になったからには警察も動くしかないな

    完璧に不正選挙が出来ると知らしめる事案だな

  • 匿名 より:

    民主王国云々は全く関係ないのでは?

  • 匿名 より:

    選挙での受付総数と投票総数が1票でも一致しなかったら、ふせいがあるということです。会計処理で一円でも合わなければ、徹夜してでも原因追求しなければならないのと同じ考えが必要です。辻褄合わせなど絶対に認めてはなりません。無記名投票なのですから、全てをネットでPDF化して公表して、無効か有効か判別しずらかったデータをどう処理したかも報告すべきです。選挙の透明性をネット時代なのですから高める努力が必要で、選管だけで勝手に処理させないことです。信頼性が担保されない選挙は認めてはならないでしょう。