ヘッドライン

北海道東部でM5.4、震度5弱の地震が発生!根室半島南東沖 三陸沖も余震続く


4月14日4時04分に北海道の根室半島南東沖でマグニチュード5.4のやや強い地震が発生しました。

気象庁によると、北海道の中標津町で震度5弱の揺れを観測し、根室市や浜中町などの広い範囲で震度4の揺れを捉えたとのことです。
この地震による津波の発生やインフラへの被害報告は入ってきていません。

また、先日から東北地方の三陸沖でもマグニチュード4クラスの地震を相次いで観測しています。こちらは東日本大震災の余震だと見られ、依然として太平洋沿いの地震活動が活発化していることを示していると言えるでしょう。

 

地震情報
https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/earthquake/list/

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

函館の犬。 にコメントする コメントをキャンセル

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 函館の犬。 より:

    この一帯は、今後30年間に巨大地震の確率が高い超危険地帯です。大津波ももちろん予想されます。ということは、北方領土も大被害をうけるということです。人命、インフラ、壊滅的な被害でしょう。なにより発生直後、ライフラインはゼロです。ロシア政府は、見殺しにするかもしれません。手離しにかかるかもしれない、このとき日本の自衛隊は救助にいくのか、きわどい判断になる。 返還が有利になるか、不利になるかシュミレーションが必要だ。 安倍政権じゃ無理、だって四島の名前すら、満足に言えない大臣ばかりだもの。

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next