新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

ベネズエラのマドゥロ大統領は最低最悪の独裁政権である!サダム・フセインなどと全く違う!アメリカ陰謀論は間違いだ

*マドゥーロ
混迷化しているベネズエラ情勢ですが、このベネズエラ問題をイラクと同じように考えて、「アメリカの陰謀だ!」「本当はマドゥーロ大統領が良い人だ!」というような情報をネット上で広げている人たちが居ますが、ベネズエラのマドゥーロ大統領は正真正銘の最低最悪の独裁政権です。

現在のベネズエラでは紙幣の価値が大暴落しており、パン一個を買うために数千枚の紙幣が必要な状況になっています。日本で言うのならば、パン一個の価値が1000万円とかになっているような感じです。昨年の時点でベネズエラのインフレ率は100万%超に跳ね上がり、食糧不足などから約300万人が「難民」として周辺諸国に脱出しました。
このハイパーインフレを悪化させてベネズエラ経済を崩壊させた張本人こそが、今の大統領であるマドゥーロ(本名 ニコラス・マドゥロ・モロス)氏だと言えるでしょう。

マドゥーロ大統領の経済政策は滅茶苦茶だと言え、原油に依存した経済構造を変えず、逆に国有化を推進して国の財産を身内で独占。日本で言うところの天下り団体などに友人や親族をバラ撒き、自分に反対する政党や国民は厳しく弾圧しました。

選挙の投票時にマドゥーロ大統領の部下達が投票所付近を監視して、ちゃんとマドゥーロ大統領で投票したかどうかを確認しているのです。マドゥーロ大統領の当選が不正選挙だと言われている背景には、このような明確な理由があります。

一方で、厳しい弾圧や規制に国民の反発も強まりますが、それに合わせて国国民監視用ICカード「祖国カード」などを導入してマドゥーロ大統領も監視社会化を強く推進しました。経済政策は美味しい企業や組織を独占するだけで手を打たず、中国やロシアからの融資も限界が来てしまったベネズエラは遂にハイパーインフレに突入し、今のような情勢になっています。

もちろん、アメリカの介入検討はアメリカの都合もあるのですが、大前提としてマドゥーロ大統領の滅茶苦茶な経済政策や弾圧によって、ベネズエラ国民の大多数が激怒しているという背景があるのです。マドゥーロ大統領や彼の政策によって恩恵を受けている一部の特権階級と、それ以外の貧しい国民の衝突がベネズエラの分裂に繋がりました。
結果的にアメリカが介入するかもしれませんが、マドゥーロ大統領らが自らの行いで招いた結果であり、アメリカ陰謀論というような類の話とはちょっと違う問題なのです。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!