新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

F35Aステルス戦闘機が青森県三沢市沖で墜落、パイロットも行方不明に 防衛省が断定

*F35
4月9日夜に青森県三沢市沖の太平洋上で航空自衛隊の戦闘機F35Aが墜落しました。
F35Aが墜落したのは9日午後7時半ごろだと見られ、青森県三沢市の東およそ135キロの太平洋上で、レーダーから消失したことを確認したと発表されています。防衛省は墜落と断定し、現在も乗っていたパイロットの捜索中です。

F35Aは配備が開始されたばかりの最新鋭ステルス戦闘機で、現在は墜落した機体を除いて12機が稼働しています。アメリカから追加で100機前後の追加購入を検討しているだけに、機体そのものに大きな不具合があるとすれば、防衛計画にも影響が出そうです。

 

不明のF35A戦闘機 墜落と断定 防衛省
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190410/k10011879001000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

9日夜、青森県三沢市沖の太平洋上で、航空自衛隊の最新鋭の戦闘機F35Aの機影がレーダーから消えたことについて、航空自衛隊は、現場周辺で尾翼の一部が見つかったことなどから墜落したと断定しました。乗っていたパイロットは見つかっておらず、捜索が続けられています。

F35A戦闘機不明 現場海域で機体の一部か 確認進める
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190410/k10011878961000.html?utm_int=all_side_ranking-social_004

9日夜、青森県沖の太平洋上で航空自衛隊の最新鋭の戦闘機、F35Aの機影がレーダーから消えた現場周辺の海域で、航空自衛隊によりますと、これまでに機体の一部とみられるものが見つかったということです。航空自衛隊は確認を急ぐとともに、パイロットの捜索を続けています。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!