新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

国交相が下関北九州道路の忖度発言を陳謝、与党は招致要求を拒否!自民「面会記録以上のことはない」


辞任した塚田国土交通副大臣の忖度発言で国会が大荒れになっています。野党側は前副大臣らの参考人招致を要請するも、自民党の森山国会対策委員長は「面会記録以上のことはない」として要求を拒否。

衆議院国土交通委員会では、去年12月に自民党の吉田参議院幹事長から要望を受けた際のやり取りなどを記した面会記録が提出され、野党は「吉田氏は安倍総理大臣と麻生副総理の地元だとわかるように伝え、だからこそ予算をつけてほしいと求めたのではないか」として追求を強めました。
9日の衆議院国土交通委員会で石井国土交通大臣が謝罪し、改めて安倍総理大臣やみずからが指示した事実はないと強調しています。

 

「そんたく」発言 国交相が陳謝 “首相や私の指示はなし”
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190409/k10011877861000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_004

道路整備をめぐり、国土交通副大臣が安倍総理大臣らの意向を「そんたくした」と発言し、辞任したことについて、石井国土交通大臣は9日の衆議院国土交通委員会で、行政の公正性に疑念を与えかねないと陳謝したうえで、安倍総理大臣やみずからが指示した事実はないという認識を示しました。

「そんたく」発言 野党側「招致要求」 与党側「応じず」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190410/k10011878701000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_006

前の国土交通副大臣が、道路整備をめぐって「そんたくした」と発言した問題で、野党側は、前副大臣らの参考人招致を求めるなど引き続き追及する方針です。一方、与党側は参考人招致には応じない考えです。


●管理人コメント
この問題は明らかに忖度があったとしか思えないです。具体的に安倍晋三首相が指示をしたわけではないかもしれませんが、安倍晋三の名前で要望書が出ているわけだから、事実上の忖度があったと言えるでしょう。

普通に考えて総理大臣の名前で要望書が来れば、「これはヤバイ案件だ!」と思うはずです。忖度が無かったとは考え難く、与党側もさっさと認めて次に話を進めるべきです。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!