ヘッドライン

燃え上がるノートルダム大聖堂に全世界が衝撃!鎮火に約10時間、復興に50年か 内部の被害は・・・?


4月15日深夜(日本時間)にフランスの首都パリにあるノートルダム大聖堂で発生した火災ですが、発生から約10時間ほどして鎮火となりました。火災は屋根の部分が一番酷く、屋根裏付近が出火場所だと見られています。
内部の被害は予想よりも少ない状態で、重要な物品は修繕工事中で別の場所に保管していたことから、そこまで大きな被害にはなっていません。

14世紀に完成したノートルダム大聖堂は1804年にナポレオンの戴冠式が行われ、歴史的な建築物として世界的に知られています。ヨーロッパの方だと義務教育レベルで殆どの人達が知っているほどです。
それだけに今回のノートルダム大聖堂の火災は世界的に大注目され、火災の様子を撮影した映像はYouTubeの急上昇ランキングにもランクインしています。

↓燃えているノートルダム大聖堂

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next
   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

匿名 にコメントする コメントをキャンセル

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    日本の建物で言えば どこ くらいの大切なものなんだろう?
    大きさ・古さ・都会にある・大切に思われている度 で考えると・・・
    京都御所? 皇居? 奈良の大仏殿?

  • 匿名 より:

    フランスに42ある世界遺産のひとつ。
    世界遺産は建物だけじゃなく、自然景観や街並みというのもあるから、
    建造物だけでいうと、世界のベスト100に入るレベルではないかと。
    ちなみにベスト1は、サグラダファミリアらしい(異論は認める)

  • 匿名 より:

    ガーゴイルのことは知らなかった。
    あれってキリスト教的にどうなのよ?

  • 匿名 より:

     フランスでは「メロヴィング朝」というのが,【ナザレのイエス様(宗教としてのキリスト教とは別)の血脈(=マグダラのマリアの子孫)の家系だということで】何か不思議な力を持っていたとのことです。(ホンマかいな?)
     そんな言い伝えのある国ですから,ガーゴイルくらいでうろたえてはいけません。

  • 匿名 より:

    原因は、作業員のタバコ?

  • 匿名 より:

    出火後30分、ノートルダム大聖堂の塔を歩く黄色ベストが写った動画https://twitter.com/hashtag/NotreDame?src=hash

  • 匿名 より:

    ツイッター記事は残っていますが、動画が再生出来なくなりました。

  • 匿名 より:

    フランス政府の自作自演じゃね?

  • 匿名 より:

    修復作業員のハンダ作業中にって話をどっかで見たけどね
    しかしシヴィ民的にはノートルダム大聖堂が燃えるって結構衝撃的だった
    向こうの価値観的には再建すれば問題ないみたいな緩い感じなんかな

  • 匿名 より:

    麻生さんとか石破さんも涙流して巨費寄付かしら?

  • 匿名 より:

    フランス政府はノートルダム寺院に火災保険を掛けてなかったらしい。仏政府の自作自演説はおかしい?ワールドトレードセンターは確か掛けていた、、、

  • 匿名 より:

    時が経つに連れ、得する連中とそうでない連中が明らかになるな。フランスの象徴を失ったショックは全国民を一時的な思考停止状態になり、反政府的な運動は一般の人々からは眉をひそめられる。国民全員一致で再建だの団結を叫ぶマクロン。ショックドクトリンは上手いこと成功。求心力だの団結力だの政府が音頭とる時は決まって善からぬ方向に進むものだ。アサンジ収監のあとにこの騒ぎ。筋書きを書いたヤツが必ずいる。得した人間を疑うのは常識だから 騒動を利用しようとする連中がいる。

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next