新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

作家・菅野完氏を強制わいせつ未遂容疑で書類送検 2012年の行為で 著書「日本会議の研究」など


著書「日本会議の研究」などで有名になり、森友学園問題などを追求していたノンフィクション作家の菅野完氏(44)が書類送検されたことが分かりました。

報道記事によると、送検容疑は2012年7月9日に知人女性の自宅マンションで女性に性行為を迫り、押し倒してキスなどをしようとした強制わいせつ未遂容疑。この女性は事件後に慰謝料などを求める訴訟を起こし、東京地裁は菅野氏に110万円の支払いを命令し、2018年2月に東京高裁が同氏側の控訴を棄却したことで賠償命令が確定しました。

菅野氏も概ねで事実確認を認め、「不徳の致すところ。司法による厳罰を受けたい」などとコメントしています。

ネット上では菅野氏を批判する声と同時に、2012年とかなり昔の事件であることに疑問の声も多く見られ、個々の主義主張によって意見が大きく割れていました。

 

作家菅野完氏を書類送検=強制わいせつ未遂容疑-警視庁
https://www.jiji.com/sp/article?k=2019052100901&g=soc

知人女性に性行為を迫ったとして、警視庁代々木署がノンフィクション作家の菅野完氏(44)を強制わいせつ未遂容疑で書類送検していたことが21日、同署への取材で分かった。容疑を大筋で認めているという。送検は14日付。
送検容疑は2012年7月9日、知人女性の自宅マンションで女性に性行為を迫り、ベッドに押し倒し、キスなどをしようとした疑い。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!