新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【大混乱】約50自治体で大規模なシステム障害、住民票や証明関連が全て停止状態!クラウドが吹き飛ぶ?復旧の見通し立たず

*中野区役所
12月4日から全国各地の自治体で大規模なシステム障害が発生しています。

システム障害が発生しているのは東京都中野区や練馬区、大阪府和泉市などです。このシステム障害によって自治体のホームページやサービス全般が停止状態となり、中野区では戸籍謄・抄本などの戸籍証明の発行や後期高齢者医療保険に関する手続きなどが全てストップ。
原因は自治体が利用している日本電子計算のIaaS「Jip-Base」にシステム障害が発生したからで、依然として復旧の見通しは立っていません。

ストレージ装置のファームウエア(基盤となっている部分)に異常が発生したとも伝えられ、システム障害は長引くことになりそうです。

 

全国約50自治体でシステム障害
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191204-00000136-kyodonews-soci

自治体の業務システムを扱う日本電子計算によると、担当している全国約50の自治体で4日、ホームページや閲覧や証明書発行などのシステムに障害が起きた。各地の自治体への取材では、東京都中野区や大阪府和泉市などで影響が出ている。

50自治体システム障害はIaaSで使うソフトのバグが原因、復旧メド立たず
https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/news/18/06635/

12月4日に発生した東京都中野区など約50の自治体のシステム障害で、12月5日も住民票の発行やホームページの閲覧などができない状態が続いている。原因は各自治体が利用している日本電子計算のIaaS「Jip-Base」にシステム障害が発生したため。現状で復旧のメドは立っていない。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /
情報速報ドットコムの最新記事が届きます!