新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

アフガンの中村哲さん襲撃事件、計画的犯行の可能性が高まる 「日本人がまだ生きている」と叫んで銃撃も

*海外報道
アフガニスタンの東部でNGO団体「ペシャワール会」の現地代表である中村哲さんが銃撃された事件で、襲撃犯たちが中村さんを執拗に攻撃していたことが分かりました。

報道記事によると、地元住民の証言から襲撃犯は7人ほどのグループで動き、中村さんが乗っている車が接近すると、白い車で道を塞いだ上で銃撃を行ったとのことです。
そして、最初の銃撃後に襲撃犯らは車を降りて、「日本人がまだ生きている」などと叫んで、中村さんの胸付近に3発の銃弾を撃ち込んだと報じられています。

偶発的なテロ攻撃や強盗事件の類ではないと見られ、政治的な目的があって意図的に中村さんを殺害した可能性が高いです。

アフガニスタンでは政府軍と反政府軍の戦いが続いている状態で、イスラム国のような第三勢力も入り込んで不安定な情勢となっています。中村さんの活動はタリバンと政府の双方から評価されており、何十年も前から手厚い歓迎やサポートを受けていました。
そのため現地人の犯行とは考え難く、イスラム国のような外部の勢力が何らかの理由で殺害を狙ったと思われます。

アフガニスタンの市民らは追悼集会で「あなたを守ることができず、申し訳ありません」とのメッセージを捧げ、中村さんに感謝の言葉を伝えていました。

 

「日本人まだ生きてる」襲撃犯叫んだ後、中村医師に3発
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191205-00000068-asahi-soci

 アフガニスタン東部ジャララバードで4日、人道支援に取り組んできたNGO「ペシャワール会」(事務局・福岡市)の現地代表で、医師の中村哲(てつ)さん(73)が銃撃され、殺害された事件で、襲撃犯らが「日本人がまだ生きている」と叫んで中村さんを重点的に撃っていたことが、目撃者の証言で分かった。現地で有名な中村さんを殺して他の支援団体も萎縮させ、現地政府に打撃を与える狙いだった可能性がある。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /
情報速報ドットコムの最新記事が届きます!