ヘッドライン

関東地方で多発している地震、気象庁が「関連性なし」の見解!熊本地震では予想誤りも 関東一帯で連動懸念


12月4日から関東地方の北部で多発している地震について、気象庁が見解を発表しました。
NHKによると、気象庁は今回の地震はそれぞれに関連性が無いとした上で、「関東はふだんから地震活動が活発で、今が特異な状況になっているわけではない。改めて備えを見直すなど引き続き注意してほしい」と述べ、注意を呼び掛けたとのことです。
気象庁の見解だと、茨城県北部と南部、それに栃木県北部の地震は別々の断層だとして、メカニズムも異なることから連動性は無いと指摘していました。

ただ、過去に熊本地震では前震の観測後に「同規模クラスの地震に注意を」と気象庁が呼びかけたところ、それ以上の大きな本震が到来したこともあり、気象庁の見解や予想は外れることもあります。

今回のパターンだとたしかに断層やメカニズムで違いが見られますが、この数日で観測された地震回数は300回を超えている状態で、普段と比べて遥かに多い状態です。複数の断層で地震が誘発されるほど、関東地方の広範囲に圧力が掛かっているとも見ることができ、断層よりも巨大な関東地下のプレート全体が動いているのではないかと分析することも出来ます。

どちらにしても、大地震の前に群発地震が発生したことは過去に何度もあったわけで、「大地震が来る」とは断定出来ませんが、引き続き関東地方の地震活動に注意が必要です。

 

関東で相次ぐ地震 それぞれに関連性なし 引き続き注意を
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191206/k10012204231000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

関東では3日から最大震度4や3の揺れを観測する地震が相次いでいますが、気象庁は発生場所や深さ、メカニズムによって大きく3つに分けられ、それぞれに関連性はないと考えられるとしています。

気象庁 地震情報
http://www.jma.go.jp/jp/quake/3/20191205133959393-05223520.html

 

関連過去記事

【警戒】関東地方の地震回数が激増、24時間で300回超の発震!北茨城の観測地点で揺れが続く・・・
https://johosokuhou.com/2019/12/05/21745/

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    2010年9月 広瀬隆「原発震災列島」出版、地震活動の活発化を指摘
    2011年3月 東北大震災、津波被害発生
    震災発生後、当局はマグニチュード測定の基準自体を変更し、東北震災の規模は9.0以上と発表し(旧基準だと8.7)、「想定外」の大地震だ、と責任逃れを行った。(広瀬隆氏が講演会で暴露)

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next