新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

立憲民主党・枝野幸男代表が社民党と国民民主党に合流打診!野党結集が本格始動!「政権交代を現実に」


立憲民主党の枝野幸男代表が社民党と国民民主党、衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」の3会派に合流を打診しました。
12月6日に野党の代表らが集まって会談を行い、その中で立憲民主党の枝野幸男代表が「今般、私は、より強力に安倍政権と対峙し、次の総選挙で政権を奪取して『まっとうな政治』を取り戻し、国民生活と公平公正な社会を守るため、会派結成にあたって合意した考え方に基づき、共同会派を共にしていただいている政党、グループの皆さんに幅広く立憲民主党とともに行動していただきたいと思うに至りました」と述べ、参加した全ての野党勢力に合流を提案。

また、年明けにも衆議院解散総選挙があるとして、「安倍政権に代わって政権を担いうる政党を築き上げ、次期総選挙での政権交代を現実のものとするため、会派を共にする、国民民主党、社会民主党、社会保障を立て直す国民会議、無所属フォーラムの皆さんに立憲民主党とともに闘っていただけるようお呼びかけいたします」と言葉を強めていました。

先の参議院選挙では野党共闘を行った選挙区で票の伸び率が良く、それ以上の野党合流が実現した場合、自民党に勝てる選挙区が増えることになると予想されています。
各党の返答は保留状態になっていますが、野党第一党の立憲民主党が明確に野党合流を呼び掛けたのは非常に大きな動きだと言えるでしょう。

 

共同会派党首会談で枝野幸男代表より各党会派へ申し入れ
https://cdp-japan.jp/news/20191206_2404

共同会派を組む立憲民主党、国民民主党、衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」、社会民主党の4党派の党首は6日、国会内で会談を開き、枝野幸男代表から以下の申し入れを行いました。

安倍政権の隠蔽体質と権力の私物化は、いわゆる「桜を見る会」問題に象徴されるようにますます明確になっています。さらに、参議院規則に基づく参議院予算委員会の開催要求にすら応じず、国会の場における説明責任を放棄したまま臨時国会を閉会しようとしており、議論からも逃げる姿勢が鮮明です。
一方で、消費増税を強行し国民生活は一層厳しさを増しています。社会保障の充実や財政健全化を名目に消費増税を強行しながら、既に著しく優遇されている大企業に対する法人税減税の議論や社会保障給付のカットに向けた検討を進めているほか、大学入試共通テストや水道法改悪など国民生活を脅かし、公正さや国益を損なう政策を強行しています。
一日も早く、国民の暮らしを守り、公平で公正な社会を取り戻さなければなりません。また、そのためにも、公文書管理の厳格化と徹底した情報公開を進める必要があります。
多くの有権者は安倍政権に対する不信と不安を強めています。今求められているのは、『まっとうな政治』を実現するために、自民党・公明党に代わって政権を担いうる強力な政党です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /
情報速報ドットコムの最新記事が届きます!