ヘッドライン

厚生労働省の体罰ガイドラインに賛否、尻を叩く行為や正座は体罰扱いに!来年4月から体罰禁止法が施行


2020年4月から施行される改正児童虐待防止法(体罰禁止法)に合わせて、厚生労働省が体罰のガイドラインを発表したところ、その判断基準が物議を醸しています。

厚生労働省はガイドラインの中で、叩く行為全般や長時間の正座、食事抜きなどを全て体罰だと指摘しており、親から子どもへの体罰の定義を、「身体に何らかの苦痛、または不快感を引き起こす行為」と定めていました。

改正児童虐待防止法では、「親権者は児童のしつけに際して体罰を加えてはならないこととする(児童福祉施設の長等も)」と定め、都道府県(児童相談所)の業務として児童の安全確保を強化するように促しています。

このガイドラインについて国民からは「正座もダメなの!?」「やりすぎでは?」「そこまで口をだすのはどうかと思う」「これくらいしないとダメ」などと賛否両論の意見が殺到。ネットを中心に体罰基準を巡って、様々な意見が飛び交っていました。

ただ、体罰に関しては「子どもの成長に悪影響を与える」というような研究調査結果もあり、厚生労働省の基準も一概にはダメとは言えないところです。

 

厚生労働省 体罰等によらない子育ての推進について
https://www.mhlw.go.jp/content/11907000/000573090.pdf

親の体罰禁止で具体例定義、厚労省素案
https://this.kiji.is/574510611614221409?c=39550187727945729

 親の体罰を禁ずる改正児童虐待防止法の施行前に、厚生労働省の検討会は3日、体罰を「身体に苦痛を与える罰」と定義する指針素案をまとめた。具体例として「殴る」「尻をたたく」「長時間の正座」などを挙げた。定義が示されたのは初。

 


●管理人コメント
体罰で子供が痛みを理解する云々は親の詭弁であり、子供との対話力が無い親に原因があるとも言えます。国の関与とは別に体罰容認論には釘を差すべきで、私個人としては厚生労働省のガイドラインは正しいと感じました。

一方で、国が家庭内の教育に関与しようとするのは不気味であり、このような形で法制度化される前に議論の余地があります。あくまでも虐待だけを禁止する法案にするのが大前提で、しつけ行為まで取り締まるのはやり過ぎだと思いました。

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    気味悪い。体罰は子供が可哀想って言うが、クソでどうしょうもない子供に怒って叩いた親を悪だと言って叩くのは、親が可哀想じゃねーのか。虐待防止の取り組みはすべきだが、こんな形はダメだ。

  • 匿名 より:

    8:50 PM
    クソでどうしょうもない子供に育てたのは誰だよ?

  • 匿名 より:

    体罰・・その括りがそもそも。今回の管理人のコメは全部は容認できないね。何故なら、今の日本は価値観自体から異常だと思える部分が多々あるから。昔と今は違うっていうけど、悪い事をしたり、ルール違反した時に怒られて頭叩かれた事を今では感謝する人間もいるのに、それは体罰というんでしょ?何か敏感というか騒ぎ過ぎな社会にあえて我々が貢献している感があるんだよね。子供はまだ未熟なんだから、時には怒られて当然て場合があるんじゃないですか?ガイドラインてのはある意味この時代必要かもしれないけど、そもそも大切な事をしていない政府とその為に歪んでしまった社会構造にあるわけで。大人や先生が子供に忖度してるみたいな世の中って俺はおかしいと思うね。勿論、大人が見本を見せられるようになってなければいけないけど、その大人に問題もあるのはいけない事ですがね。体罰論・・あまりエスカレートしないほうがいいと思うよ。何にも出来なくなるよ怖くて

    • 管理人ヤマダ より:

      体罰は旧日本軍的な思想であり、昔の江戸時代の日本やもっと前だと今ほど容認はされていない
      体罰として当たり前にしていた状況が異常で、最新科学でも体罰を受けた子供よりも体罰が無く、シッカリと言葉や行動で学んだ子供のほうが優秀になるって出ているんですよね
      体罰するのは親が子供に負けてカッとするときが大半で、親の能力不足が露呈してこんなに体罰が増えているのかと
      それに体罰と虐待の境目も曖昧だし、これくらい厳しく律するべきだ

  • 関西人 より:

    まぁ、この問題はなかなか難しいですね、、 男女の違いも大きいですし、、、


    例えばですが、『 スーパーで走り回っていて頭はたかれるの図。 』(^^;
    これは男の子にありがちなんですが、とにかく男女の違いは大きいと思いますよ。

  • 匿名 より:

    管理人が言ってる通り、体罰とは明治維新のときに西洋から持ち込まれて広まった悪習であり、それより昔の日本では決してメジャーなやり方ではなかった
    こんなものは伝統でも何でもない
    体罰禁止は賛成だ
    あとはその線引きや、それに代わる代替手段が啓蒙できるどうかの問題だろう

  • 匿名 より:

    とても大切なことですが、悪いことしても証拠がないから、と屁理屈たれて逃げ回るえら~い政治屋さんもきっちりと罰を受ける決まりは作らないんですかね。

  • 匿名 より:

    管理人は親に叩かれたり叱られたりした事ないの?

  • 匿名 より:

    この日本で扇風機が発売され、数年経てもなお、くるくる回る羽、風が出てくるのなど、
    扇風機に興味が湧く子供が手を突っ込んで怪我をする事態が跡を絶たなかった。
    ここで、一つの問題を提起する。
    「子供」と一括に書いたが、手を突っ込む子供は一体どれくらいの年齢の子供であったか?
    手を突っ込んだら怪我をすることを言葉で説明して理解できる年齢の子供か?
    それとも、何を言われているのか分からな年齢の子供なのか?
    要するに、この記事の話は、
    対話で理解出来る年齢の子供のことを指して、体罰はいかんとするのか?
    それとも、まだ、言葉を理解できない、もしくは、覚えたての子供にも言葉で説明して「しつけ・教育」をするのか?
    こういう問題を含んでいるのだ。
    説明を理解できる語力を身に付けた子供に対し説明せずに、
    もしくは、忍耐を欠いた説明力のない親、もしくは、説明を放棄した親などが体罰を用いることは許さないとすることと、
    説明しても言葉を理解できない子供に対して、してはならないことをするな、とどのように教えるのか、
    これらを混同してしまう「子供という漠然とした言葉遣い」では意見が食い違うだけのことなのだ。
    そこで思うのだが、
    こちらのブログ主、自分の子供を生み育てたことがあるのかを問いたい。
    まだ、口も聞けぬ子供へ、してはならないことをしたがる自分の子供へ、
    どのように、してはならないことを「しつけたのか」を尋ねたい。
    もし、子供をまだ生み育てたことがないなら、
    そのような立場になったらどのように「しつけ」という教育を施すつもりでいるのか?

    あなたが実社会でどのような生活をしているのかは全く不明なので、
    現実とは全く違うことをここに書かれても私を含め読む者たちには分からない。
    それを利用して無実を書くも良し、潔く思いを述べるも良し、そのどちらでも構わぬ。
    しかしながら、人生経験豊かな者には見透かされることを覚悟して書かれることを望む。

  • 匿名 より:

    叱って欲しくて悪さをする子もいるみたいだから体罰が絶対に悪いとは言えない。

  • 関西人 より:

    もう少し『 男女の違い 』として書き込んでおきますが、


    幼児に関しては特にですが、『 言葉・言葉の意味 』を理解する早さにおいて、
    圧倒的に女児の方が優位と思います。


    男児においては、パワーが有り余っている分、尚の事聞き分けも悪くなります。


    とにかく、色んな面において男女における性差が大きいのですから、
    その様な事を考慮しなげれば、あらぬ方向へいく危険な問題だと思います。

  • 匿名 より:

    関西人
    2019年12月8日 4:36 PM
    良くわからないからそれじゃ。男女を分けろって話か?

  • 匿名 より:

    管理人てさ、反論してきて返さないって何なの?反論しないなら最初からコメントしなきゃいいのに。読者の有難みを感じるなら返すのが筋でしょうよ。上から見てるって言われるよ

  • 関西人 より:

    2019年12月8日 4:36 PMさん、


    【 議論の場において、男女の違いを考慮しているか? 】という事です。

  • 関西人 より:

    間違えました、上記は【 2019年12月8日 9:47 PMさん 】への返信です。

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next