新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

高年齢雇用継続給付を廃止へ 政府が方針、60歳以上の給料支援制度 政府「企業が自力対応で賃金維持して」

*官邸
政府が60歳から64歳の高齢者に穴埋めとして支給している「高年齢雇用継続給付」を段階的に廃止する方向で調整していることが分かりました。

報道記事によると、現在の給付水準を2025年度までに半減させ、2030年度以降に完全廃止する流れで検討しているとのことです。
政府は廃止の理由について、「65歳までの継続雇用が25年度から完全義務化されるため、企業が自力で対応し賃金水準を確保すべきだ」としており、削減分は企業で対応するように求めています。

この廃止方針で高齢者の待遇や賃金環境は今まで以上に悪化する可能性が高く、生涯派遣社員というような人生を歩む方も出てくることになりそうです。
日本の低賃金化を促す政策だとも言え、国民からも疑問や批判の意見が相次いでいました。

 

60歳以上の給料穴埋め廃止へ 企業の自力対応促す、政府方針
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191207-00000013-kyodonews-bus_all

 現役時代に比べて賃金が大幅に下がった60~64歳の高齢者に穴埋めとして支給する「高年齢雇用継続給付」を政府が段階的に廃止する方針であることが6日、分かった。現在の給付水準を2025年度に60歳になる人から半減させ、30年度以降60歳になる人から廃止する。主に現在54歳の人から半減が始まる計算になる。65歳までの継続雇用が25年度から完全義務化されるため、企業が自力で対応し賃金水準を確保すべきだと判断した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /
情報速報ドットコムの最新記事が届きます!