新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

各国の時給増加率、日本だけがマイナスだと話題に!米国76%、英国87%、日本-9%


世界各国の時給増加率を比較したグラフが話題になっています。
このグラフはOECD(経済協力開発機構)のデータを参考にして1997年と2017年の時給を比較したもので、ほぼ全ての主要国が大幅なプラスとなっている中、日本だけが唯一のマイナス成長を記録。

グラフを見てみると、アメリカが76%増、イギリスが87%増、フランスが66%増、スペインが72%増なのに対し、日本は9%減となっていました。明らかに日本だけが全く成長しておらず、時給の低下が顕著に目立ってます。

1990年のバブル崩壊から消費増税を得て、日本経済の成長はほぼ完全に止まり、今日まで賃金の低迷が続いてしまった形です。
ネット上では「もっと時給を上げて!」「賃金を上げないと国が沈むぞ」などと危機感を持った意見が多く、ツイッターを中心にこのグラフが拡散されていました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /
情報速報ドットコムの最新記事が届きます!