ヘッドライン

太陽で黒点ゼロ状態が続く・・・ マウンダー極小期に突入?太陽フレアも無し

*宇宙天気予報
ここ数日ほど太陽活動が止まっています。
宇宙天気予報センターによると、4日ほど前から大きな太陽フレアが無く、最近は太陽の活動を示す黒点も数がずっとゼロ状態になっているとのことです。

無黒点だと太陽活動が普段よりも弱いということになり、地球の気温も下がりやすくなると言われています。実は10年ほど前から太陽活動に異常が見られ、一部の専門家からは「「かつてのマウンダー極小期に突入するのでは?」との声が浮上していました。

マウンダー極小期とは1645年から1715年に発生した太陽の黒点数が激減した期間のことで、中世時代における寒冷期の原因になったとも言われています。
日本だと江戸(東京)の川が凍っていた時期で、マウンダー極小期並みの異常事態が到来した場合、東京の最低気温が北海道程度まで落ち込むことになる可能性が高いです。

現時点では一時的な黒点の減少なのか判別が難しいですが、10年以上も前から太陽で異常活動が続いているだけに、本格的なマウンダー極小期の再到来となっても違和感はありません。

↓黒点が消えた太陽

 

【今日の宇宙天気情報(2019年12月05日 21時00分JST)】
http://swc.nict.go.jp/report/view.html

この情報は、国立研究開発法人情報通信研究機構が配信しています。
担当:渡辺
————————————————
【概況・予報】
太陽活動は静穏でした。
引き続き今後1日間、太陽活動は静穏な状態が予想されます。
地磁気活動は静穏でした。
引き続き今後数日間、地磁気活動は静穏な状態が予想されます。
————————————————

【太陽活動】
太陽活動は静穏でした。
太陽面で目立った活動は発生しませんでした。

STEREO探査機の極端紫外線画像(EUVI)によると、本日から明日にかけて太陽面の東端から新たに回り込む活動的な領域はありません。

5日12時UT現在、太陽面上に目立った活動領域はありません。
引き続き今後1日間、太陽活動は静穏な状態が予想されます。

■過去3日間に大きなフレアの発生はありませんでした。

マウンダー極小期
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E

マウンダー極小期(マウンダーきょくしょうき、Maunder Minimum)とはおおよそ1645年から1715年の太陽黒点数が著しく減少した期間の名称で、太陽天文学の研究者で黒点現象の消失について過去の記録を研究したエドワード・マウンダーの名前にちなむ。

マウンダー極小期中の30年間に、観測された黒点数は、たった約50を数えるだけであった。通常であれば4〜5万個程度が観測によって数えられるであろう期間である。

 

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    うーむ。
    地球温暖化説はどうなる?
    もしかして、CO2排出はマウンダー極小期出現における地球寒冷化から人類
    を救うのか?

  • 芋田治虫 より:

    地球温暖化✖?
    地球寒冷化✖?
    どういうこと?
    sf的に考えると、まさかこのまま太陽活動の停止とともに、地球そのものが停止して、磁場とかそういうのもなくなって、地球の生物の大半が滅亡する前兆だが、マジでポールシフト(地軸の逆転)が起きる前兆だったりして。

  • 匿名 より:

    8:11 PM
    だからよー
    地球寒冷化は1970年初頭から今まで、主張する奴らからは証拠一つ出されてねーよ

  • 匿名 より:

    温暖化より小氷河期の方が怖いです。

  • 匿名 より:

    黒点がない → 太陽活動が不活発 → 小氷期 → マウンダー小氷期は70年以上続いた

  • 匿名 より:

    最低気温が北海道程度まで落ち込むなら、水道管破裂や凍結で水が出なくなったり、
    北海道の住宅なみの家じゃないと、日常生活や色んな問題が起こると思います。

  • 匿名 より:

    残念ながら今の地球温暖化はマウンダー極小期を凌駕する勢いなのだよ。

  • 匿名 より:

    道民は冬、夜寝る前に、
    「水を落とす」
    ってこと、知ってる?
    水道管が凍らないように、水道管の元栓を閉めるみたいよ(よく見てなかったから、何をしたのか不明)。
    毎晩そんなことをやるの、面倒だな。
    あと、塀があると積雪時にかえって不便みたいなので、基本 塀はない。
    窓は二重窓。
    石油ストーブをガンガン焚く。
    石油タンクは庭に設置し、排気用の煙突は室外に出している。
    だから室内の空気はクリーンよ!
    本州もそういう仕様になるのかな。

  • 匿名 より:

    もっと凄い氷河期に入る直前です
    イギリスの学会で2030年に太陽活動が今の60%になる確率は97%と発表され、
    役半年遅れでNASAも認めました
    おそらく2040年には地表に住めなくなるので、火星移住とか焦ってるんですね
    今は地磁気も反転途中で磁気も4極構造で磁気バリアが弱いので、
    極端化気候になっていると思います
    せいぜい幸せに地球で暮らせるのはあと10~12年だと思います

  • 匿名 より:

    地球温暖化の「CO2犯人説」は国際的な広がりを持ち、グリーン・ニューディール基金は各国から徴収した炭素税を原資として、「ニュー・エネルギー」の開発まで行っている。この運動の音頭を取っていたのは元々、ロスチャイルドなど国際金融資本であったが、現在は何と中国である。中国の、国際社会における地位は近年向上している。

  • 匿名 より:

    そもそも太陽が永遠に輝き続ける「恒星」なわけないからね。
    いずれ、表面は降り積もった隕石が固まり、地表ができて熱や光を発しない星になる。

    まだ多くの人が勘違いしているけど、星の始まりはブラックホールと言われているモノから誕生するからね。
    無重力空間で物が衝突すると、衝突時に「くっつく力(引力)」と「離れる力(斥力)」が生まれ、先のくっつく力(引力)が、とどまり続ける。これを一般に「重力」と呼ばれる。
    この重力は、宇宙の無重力空間にいくつも存在していて、この重力の塊は他の重力の塊とくっつき多きなり続けて行く。これが世に言うブラックホールと呼ばれている。

    このブラックホールは、どんどん周りの重力を吸収して力が大きくなり、やがて宇宙に散らばるガスやホコリや瓦礫や隕石までも吸収していくようになり、似たような環境で大きくなったブラックホールまでもくっつき吸収してより大きくなる。

    ちなみにガスやホコリを集められるくらい大きくなると急激に熱や発火・発行現象をおびてくるようになり、今度は引き寄せながら溶かして行き、溶けたもので球体の形態をとるようになり、気体は質量が無いので重力の干渉が弱くなり、その周りを覆うようになる。
    そして集まった気体が、また発熱や発行のエネルギーに変わって行く。
    そんなサイクルを繰り返していくうちに、チリ積で溜まって行く溶けた小石や隕石は溶岩みたいにドロドロになって行くけど、やがて溶かしきれなくなり、表面は固まってしまい、球状の星になる。

    こんな感じに星は誕生していくので、太陽って永遠じゃないんだよ。
    だからいつになるか知らんけど、太陽が光を失い、地球の寒冷化が来るのは絶対だよ。
    言ってる事が理解出来なきゃ、小学校の理科の教科書でも見るといいよ。普通に地球の断面図が出ているからね。
    あと、よくブラックホールは光を通さないとか言われて不思議がっているけど、ブラックホールの周りにはガスや塵や小石や瓦礫で埋まった堆積があるから当たり前なんだよ。
    すまんな、ブラックホールはワームホールに繋がっている!みたいな夢をぶち壊して。
    でも地球は球体で、地球上どこにいても、常に地球の中心に重力で引き寄せられているよね。

    ちなみに地球上で衝突したエネルギー(引力)は、当然、地球の中心地点である重力の塊のブラックホールと呼ばれるモノに吸収される。
    つまり、この衝突した際のエネルギー(引力)が、地球の活動エネルギーになり、このエネルギーが無くなって行けば、当然地球は小さくなろうとして、地球の重力が弱まり、地球の表面に覆っている気体も地表も維持できなくなり、地球の表面が薄くなり、やがては地球の内部に圧縮された膨大なガスが膨張して爆発してしまいます。
    これを「超新星(スーパーノヴァ)」とか呼ばれていますけど。
    恐竜時代に隕石の衝突で重力が大きくなったことは結構有名な話ですよね。あれの逆です。

    だから、地球温暖化対策とか言ってる連中のやってる事は、この地球上で一番の衝突エネルギーを生み出す生命体(人間)の行動そのものに制限をしようとしているので、逆に地球の寿命を縮めている行動ですね。

    しかし、地球温暖化の原因でアイスランドの永久凍土が解けたとか、そのせいでメタンガスが放出されてますます温暖化になるとか、もうそんなの地球だって生きてんだから地表の姿くらい変わるのは当たり前なんだけどな。
    大陸移動説とか知らん連中なんかな?地球も生きて活動しているからこそ、地球の表面の大陸も移動する。そんな当たり前の事さえ無視して、地球温暖化防止とか、本当にスゲーバカで狂ったな連中だよ。
    例えるなら、ノミやダニの分際で、寄生している野良猫の健康を気遣い毛を綺麗にしましょう!とか言い出して、寄生先である野良猫の全身をノミ取りシャンプーで洗浄するのと同じ事で、間違いなく寄生先の宿主の野良猫より早く、ノミやダニのほうが絶滅するぞ。

    本当にやらなきゃいけないことは、地球の変化に適応する能力を身に着けることなんだけど、地球温暖化防止とか言ってる連中には全く伝わらないよな。
    終いには、牛肉は地球温暖化の原因だから虫でも食おうぜ!とか言ってる連中だから、もういっそ地球の為にとか言って、地球に巨大隕石でも食わしてやって、そのまま滅びた方がいいよ。
    そしたら地球も更なる重力を手に入れて元気になるぞ。
    でも、地球上に生命はほとんどいなくなるけど。。。

  • 匿名 より:

    グレタ涙目

  • 匿名 より:

    北海道じゃなく埼玉県南部だが、家の水道管なら昔は普通に凍ってたぞ。
    初冬には当たり前のように立っていた霜柱も今では全く見られなくなったし、これで温暖化は嘘だの氷河期が来るだの言われてもねぇ。

  • 匿名 より:

    >無重力空間で物が衝突すると、衝突時に「くっつく力(引力)」と「離れる力(斥力)」が生まれ、先のくっつく力(引力)が、とどまり続ける。これを一般に「重力」と呼ばれる。
    >この重力は、宇宙の無重力空間にいくつも存在していて、この重力の塊は他の重力の塊とくっつき多きなり続けて行く。これが世に言うブラックホールと呼ばれている。
     
    https://www.gizmodo.jp/2018/10/nasa-simulations.html
    確かにNASAでも観測されてるし、シュミレーションまでしてるわ。
    今までテレビで放送してたの何なの?マジでブラックホールに光は届かないとかワームホールに繋がっているとか言ってる奴らアホですわ(苦笑
    そういえば報道ステーションでもそんなこと言っていたような…。
    ていうか、地球温暖化を訴える奴らってマジで何なの?どう考えても地球は温暖化になった方が生命にとって繁殖で繁栄だろ?そんなに食糧危機を招きたいんか?北極や南極の寒冷地より、高温多湿の温暖な赤道付近の方が食料自給が豊富なのは事実だよな。
    地球温暖化対策とか言っている奴らって、マジで人口削減とか言ってる頭のイカれたカルトな連中の奴らじゃね?

  • 匿名 より:

    上のコメントの方、非常に興味深い星の話を読ませて頂きました。これ程解り易く簡潔に解説していただけたところが、何故か文のお終いが無知を責める内容に。せっかくの朝の知的好奇心が少し邪魔された事が残念でした。しかし、こういう話はまた是非、解り易く教えていただければ幸いです。様々な考えというモノを知る事は、知らないより凄く良いです。毎日を大切に生きたいと思います。

  • 匿名 より:

    > 2019年12月8日 11:56 PM
    何十年前の話だ?

    今どきは断熱が進化しているので、比較的新しい家 (特に集合住宅) では、出張や家族旅行で夜を不在にするとき以外は水抜きしない。
    内地の方が水道管の防寒対策が甘いので凍りやすい。
    都市ガスエリアでは、ガス暖房も増えた。
    エネルギーロスの観点から、内地でも外断熱だけではなく二重窓も実装すべき。冷暖房の効きが違います!
    まぁ、北海道の暖房は効かせ過ぎな気がするが…。

  • 匿名 より:

    9:12
    何十年前の一戸建ての話です。
    ま、一戸建ては内地でも寒い。
    また、古いマンションも断熱不全で寒い。
    わたくしは昨年建築したマンションに住んでいるが、もう暖かさが古いマンションと全然違う。
    夏でも冬でも、ベランダの敷居を跨ぐと別世界。
    業者に聞くと、京都議定書(2000年ごろ)以来、建物の断熱が進み、一般分譲では2005年ごろ以降の竣工物件は、それ以前とは性能が格段に向上したとのこと。
    熱が失われるのは主に窓からなので、二重窓になっているし、壁自体が厚くなり、断熱材もきっちり入っている。
    床暖房設置で、ストーブやエアコン不要。
    空気が乾燥したり汚れたりしない。
    さらにミストサウナ付きで入浴時も寒くない。
    だから冬も辛くない。
    早く全住宅がこういう規格になれば良い。
    昔のわたくしの古いマンションでは、断熱不全、一重窓、隙間風スースー。本当に寒く、いくら暖房しても無駄だった。

  • 匿名 より:

    タイの4〜5月の暑さは大変厳しい。でも日陰に居れば死ぬことは無い。でも日本の冬の寒さは下手すると死ぬ。温暖化より怖い寒冷化。本格的に寒冷化が始まったら熱帯に引っ越してくる人が増えるだろうな。

  • 匿名 より:

    グレタがグレた

  • ロハスな人 より:

     地球が温暖化しているのか、寒冷化しているのか『客観的な証拠で提示』するのは難しいですが、『人類の経済活動による二酸化炭素が原因で地球が温暖化した』説は非常にガセくさいですね。地球が暖かくなると『二酸化炭素は増加』しますが、その逆は『温暖化ガスとしての二酸化炭素の性質(太陽光を吸収して温室化)』を踏まえても根拠がないようです。
     今回のコラムにあるように、『太陽活動と地球の気温との相関関係』の方が明白な関係があるようです。
     (※今よりずっと暖かかった時代にバイキングたちがグリーンランドに植民した時代はグリーンランドは文字通り『緑豊かな大地』だったそうです。その後の寒冷化で『氷の大地』となりましたが…。 )
     また、20世紀後半の温暖化が進んでいた時期に南極の氷は『増加し続けた』そうです。21世紀に入ってからも増加し続けてます。
     少なくとも『地球温暖化で南極の氷が溶けて海面上昇』は明確な間違いです。
     ○地方新聞で『日本では原発が再稼働できないからパリ協定に基づいた二酸化炭素対策ができない』という明らかに間違った説明も見ましたね。
     原発は『建設・廃炉・放射性廃棄物の安全な管理』に膨大な量の化石燃料を結果的に使うので、火力発電所と変わらないレベルで二酸化炭素排出要因になります。加えて、『温排水によって直接海水を大きく温めている』ので、むしろ『温暖化を促進』しています。

  • 匿名 より:

    2019年12月9日 10:11 AM
    酷暑の犠牲者は無視するのですね。なるほどなるほど

  • 匿名 より:

    >おそらく2040年には地表に住めなくなるので、火星移住とか焦ってるんですね
     
    そもそも太陽より月の方がヤバいぞ。

    太陽はまだ星としての成長段階で、月は退行段階です。
    なので普通に考えて、太陽の活動が停止する前に月の方が先に重力が無くなり、月の表面の地表が剥がれながら薄くなりつつ内部のマグマやマントルも冷却されて行きながら固まりつつ、また剥がれて行く工程が繰り返され、やがては月の内部に圧縮されたガスが維持できなくなり爆発(超新星爆発)するからね。

    その時に大量の隕石が地球に降り注ぎ、地球はさらに大きくなり、かつ巨大なエネルギーを蓄えることになりますけど、その衝撃で地殻が突き抜けて地表にマグマやマントルが噴き出て真っ赤に熱を帯びた超高温な星になるので、地球上の生命体は絶滅しますね。

    ついでに、超新星爆発した月の後には、重力の溜まり場があるので、やがてはブラックホールが出来て、その周りのガスやホコリや瓦礫を再度取り込み、恒星になる。
    つまり、地球の周りに以前の月より小さくなった太陽が出来ますね。
    その時になってから、地球温暖化とか言ってもいいのではないだろうか。
    人類がいるかどうかわからんけど。

    だけど、2040年には地表に人が住めなくなるというのはデマだよね。
    太陽が恒星としての活動を停止するは、あと数億年?数十億年?先で、それより先に月の方が確実に爆発しますからね。

    あと、火星移住とか言ってけど、火星って地球みたいに気体(空気)を維持できるくらいの重力があるの?なければ水だってないよ。
    確か火星の重力は地球の1/3だから、地球上にある気体を維持できる重力は無いと思う。
    だから火星に人間は住めないよ。
    いくら火星の地表に水分や氷があると言われても、地球の1/3しかない火星の重力だと、取り出した直後に蒸発して霧散して行くと思うけど。
    火星に人類を移住させるなら、火星に巨大隕石をぶつけて、火星の重力を地球と同じくらい増やしてやらないといけないよ。
     
    地球/重力 9.807 m/s²
    火星/重力 3.711 m/s²

  • 60歳台の・・・ より:

    ついにここにもムー民さんが舞いおりてこられたのかと思いましたよ。
    でも途中からはすごくまともな事も言っておられる。(あ,それこそムー民さんか!?)
    *あとロハスさんの
    > 原発は『建設・廃炉・放射性廃棄物の安全な管理』に膨大な量の化石燃料を結果的に使うので、火力発電所と変わらないレベルで二酸化炭素排出要因になります。加えて、『温排水によって直接海水を大きく温めている』ので、むしろ『温暖化を促進』しています。
    ーーーに付け加えておきます。
    *原発の熱効率は火力発電所より低いので,同じだけの電力を得るためには,火力発電所より多くの排熱を出します。

  • 60歳台の・・・ より:

    あと,火星移住とかでは,
    1.バンアレン帯を通過するのは超々危険(NASAもはっきり認めている)。
    2.地球の磁気は火星に比べると大変大きい。地球型の生命は地磁気の極めて少ない環境では健康を大きく害する。
    の2点で,まともに考える能力のある人たちはムリだということを理解しています。
    無人探査機は可能ですが・・・。

  • 匿名 より:

    火星移住とか昔、MMR(マガジンミステリー調査班)が言ってたわ。
    それから月刊ムーで陰謀論者たちが火星に宇宙人が造ったピラミッドがナンタラカンタラ言ってたような。・・・まだ言ってたんだ。それ。
    空気が薄い所では水はすぐに蒸発する。
    重力が小さい所では空気は薄くなるどころか維持できなくなる。
    だから水どころか水分すら維持できない。
    結果、空気も水もない火星には人は住めない。
    漫画やアニメで火星に人類が住んでいる作品があるけど、あれ全部大ウソだからね。

  • 匿名 より:

    >ついにここにもムー民さんが舞いおりてこられたのかと思いましたよ。
    >でも途中からはすごくまともな事も言っておられる。(あ,それこそムー民さんか!?)
     
    どこの何がムー民さんなのか説明しないの?
    60歳台の国語のレベルってそんな感じなの?

  • 匿名 より:

    黒点数ゼロは数年前から言ってるが実際には温暖化になっている。
    地球への気候変動は遅れてくるのか、その辺COP20とかで討議して
    明らかにして欲しいね!

  • 匿名 より:

    >sf的に考えると、まさかこのまま太陽活動の停止とともに、地球そのものが停止して、磁場とかそういうのもなくなって、地球の生物の大半が滅亡する前兆だが、マジでポールシフト(地軸の逆転)が起きる前兆だったりして。
     
    SF的って、マンガやアニメや映画に毒されすぎだよ。
    そもそも地球が停止するときは重力が無くなった時だから、当然地球上の空気を含むすべての気体や水(海水)や土(地表)が宇宙空間に流れて出し、地表がどんどん削れては宇宙に飛び出しながら小さくなって行き、やがては地球の内部に圧縮されたガスを抑えきれなくなって、地球は爆発しますね。
    酸素ボンベの容器が破損したら数十メートルふき飛んで大参事みたいな感じで、それの地球規模の話ですね。
    なので、地球が停止したら爆発するので、地球上の生物は全滅ですね。

  • 匿名 より:

    んー氷河期(-_- )くるな川に氷が笑えない
    ポールシフト😱えー

  • 匿名 より:

    学研プラスが出版している『ムー』 (MU) は、「世界の謎と不思議に挑戦するスーパーミステリーマガジン」。
    ある意味エンターテインメント雑誌です。読んでいて楽しいですよ。(私は立ち読みだけど・・・)
    あと,ムーの編集したコンビニ本で,ときどき「ためになるかも?」のときもあります。
    ホントのこともちょびっと載っています。(来月号の発売日とかね)

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next