新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

自衛隊の中東派遣、今月20日に正式決定へ!約270人の隊員と護衛艦 緊急時には武器使用も検討 国会議論は無し

*海上自衛隊
政府は今月20日に自衛隊の中東派遣を正式に決定する方針を決めました。
報道記事によると、今月20日に海上自衛隊の中東派遣に関する閣議決定を行い、その後に政府閣僚らが中東を訪問して最終調整を行うとのことです。

既に拠点となる場所も複数に候補が絞られ、海上自衛隊を中心に護衛艦1隻と哨戒機1機、計270人規模の部隊を派遣する方向で決定。
派遣の根拠について政府は「防衛省設置法に基づく調査・研究目的」と強調しており、年明けにも海上自衛隊が現地で活動することになると見られています。

国会議論はほぼ無く、野党からも「終盤になって突然出てきたのは卑怯だ!」「議論の時間すら無い」というような反対意見が相次いでいますが、このまま押し切られそうです。

 

海自中東派遣「20日決定」 期間、1年ごと更新 政府方針
https://mainichi.jp/articles/20191207/ddm/002/010/086000c

 政府は海上自衛隊の中東派遣に関し、活動の目的や内容などを盛り込んだ計画を早ければ20日に閣議決定する方針を固めた。計画には期間を1年間とすることも明記し、延長が必要な場合は閣議決定を経て更新できる仕組みとする。与党の公明党からは目的や派遣期間があいまいなまま派遣されることを警戒する声が上がっており、同党所属の赤羽一嘉国土交通相の署名が必要な閣議決定を活動の開始・継続の条件にすることで理解を得たい考えだ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /
情報速報ドットコムの最新記事が届きます!