ヘッドライン

【太平洋戦争】真珠湾攻撃から78年、世界に衝撃を与えた奇襲攻撃 当時の世界の反応は?空母艦隊による世界初の大規模攻撃!

12月8日で太平洋戦争のキッカケとなった真珠湾攻撃(パール・ハーバー)から78年となりました。

真珠湾攻撃とは1941年(昭和16年)12月8日未明に行われたアメリカ太平洋艦隊の拠点があるハワイへの奇襲攻撃で、日本は空母6隻(航空機350機)を主力にした部隊で遠征して攻撃を実施。
この攻撃によってアメリカ側は戦艦4隻が沈没し、戦艦4隻が損傷、他にも軽巡洋艦や駆逐艦、多数の航空機が破壊されました。

↓真珠湾奇襲攻撃のルート

アメリカのルーズベルト大統領は事前に真珠湾奇襲攻撃を察知していたとも言われていますが、当時の文献を調べてみると、アメリカどころか世界中が日本の攻撃能力をかなり過小評価していたことが分かります。

例えば、真珠湾奇襲攻撃直後の欧米メディアは「日本軍のフリをしたドイツ軍では?」「パイロットはドイツ人」などと取り上げていたところもあったほどで、日本がここまで大規模な奇襲攻撃を実施するとは誰も本気で思っていなかったのです。

実際に「欧米人と黄色人種では目や体の構造が違うから、日本人が戦闘機で高度な操縦をするのは無理」とも言われていた時代で、欧米だと真珠湾奇襲攻撃の第一報は驚きよりも半信半疑の反応が飛び交っていたことが記録に残っています。

↓真珠湾攻撃の様子

イギリスのチャーチル首相も回想録で「一番のショックはマレー沖海戦で日本にイギリスの戦艦(プリンス・オブ・ウェールズ)を沈められたことだ」と述べているほどで、欧米の日本への危機感や認識がそもそも低い状態でした。

一方で、日本と同盟関係にあったドイツのヒトラーは真珠湾奇襲攻撃の報告を受けて、「我々は戦争に負けるはずがない。 我々には3000年間一度も負けたことのない味方が出来たのだ」などとコメントしたと言われています。
ヒトラーは日本への興味関心が非常に高い政治家でもあり、日本の天皇制や外国人をあまり受け入れず、単一民族として発展した歴史を評価していました。

その点でドイツはアメリカやイギリスのような国とやや反応が異なっていた印象があるところです。

ただ、真珠湾奇襲攻撃後の欧米は日本への認識を一気に改め、日本の空母艦隊の研究調査を開始。第2次世界大戦前を含めて、大規模な空母艦隊で戦艦部隊を撃破した事例はほぼ無く、世界初の空母艦隊の有用性を示した事例として真珠湾奇襲攻撃が重要視されることになるのです。
現在のアメリカが運用している空母機動部隊もこれが基礎となっており、良くも悪くも空母の有用性を日本が真珠湾攻撃で世界に示してしまったと言えるでしょう。

 

参考資料:

ヒトラーの日本観と日独交流秘話
http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha506.html

真珠湾奇襲攻撃
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%83

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    バラードやダンス系ミュージックに定評があり、NHKの紅白歌合戦に出場経験のある歌手Xに薬物疑惑が浮上している。

    「X本人にも薬物疑惑が掛かっていますが、マトリが行動確認などを行って狙っているのは主に旦那のZの方です。Zは元々チーマー上がりで六本木界隈の遊び人として有名でした。その頃から仲間と一緒に違法薬物をやっていたという話もあり、実際に数人の仲間は大麻やコカインなどで最近も警視庁組対五課に逮捕されました。一応報道はされましたが、大きな話題にはなりませんでした。しかし、同じ仲間でも目立つ立場になり、歌手のXと結婚したら話が違います」(大手全国紙記者)

     XもZも夫婦揃って時期は違うがアメリカに留学経験もあり、今年惜しまれつつ亡くなったロック界の大御所に可愛がられていたという。

     Zに影響されたのであろうか、X自身も野外フェスや六本木のクラブなどでの奇行が多数目撃されているという。

    「この夫婦とその周辺者からの違法薬物の噂は絶えないですね。国民的グループになっているAとか最近はあまりテレビに出ないが、大物人気コンビで女優の妻をもつB、人気ラッパーのCなど、薬物の噂が絶えない人間ばかりです。X自身は子供がいて、2人目の出産直後は夜の街で目撃情報なども無く、おとなしくなったのかと思ったら、実は目立たない六本木のクラブなどで遊び歩いていました。マトリは一度狙ったら、時間を掛けて何度も行動確認を行います。マトリは全国で300人と人員が少ないので1人にそこまでの時間は掛けられませんが、一度狙ったらとことん調べます」(前出大手全国紙記者)

    Aてだれやろ

  • 匿名 より:

    ウチの爺さんは満州の帰還兵、その弟は戦死

    復員後に東條英機が散々逃げ回った挙句に自決失敗し、連合軍に拘束されたのを聞いて激怒したと婆さんが言ってた
    そんな奴を英霊として靖国に合祀した自民党にも激怒してたとか

  • 匿名 より:

    管理人さんへ
    9:37をアク禁にしてもらえませんか?
    関係ないコメントばっかりして目障りなので

  • 匿名 より:

    仕組まれた(嵌められた日本?)真珠湾攻撃と言われているよね、アメリカには全て筒抜けだったがそのまま攻撃を許し結果日本はアメリカの植民地と化し現在に至る。
    日本の自由と発展は表の顔、空も国土も海域も全てアメリカ様のお許しが無ければ自由に使用出来ない仕組みである。 日本はアメリカ様の植民地であるという立場を受け入れる事で戦後の政治・経済は成り立って来たという現実が日本の裏の顔。

    • 管理人ヤマダ より:

      記事に書いてあるように、そもそも日本人にここまでの奇襲攻撃が出来ると思っていなかったので、ハメられたというよりも眉唾ものとして放置された可能性のほうが高そうです
      結果的に利用したけど、その被害にルーズベルト大統領も驚いていたと残っていますし

  • 匿名 より:

    管理人が書いてるように当時の人種差別は酷いものであり、当時の日本が彼らに目に物を見せてやったのはある意味では「快挙」とも言える(なお、その後は…)
    そういえばれいわの船後議員も語ってたが、国連の場に世界で最初に人種平等宣言を持ち込んだのも日本だったな
    船後議員は大東亜戦争が終わってから日本人の変質が進んだと語っていたが、
    あのとき世界とやり合ったご先祖さまは今の日本を見てどう思っているのだろうか?

  • ロハスな人 より:

     様々な表にあまり出てこない情報を覗くと、『太平洋戦争の舞台裏』が透けて見えてくるかもしれません。
     『真珠湾の奇襲攻撃』によって、アメリカの世論が『第二次大戦参戦賛成に鞍替え』したことは多くの人がご存じの通りです。
     しかし、日本が掲げた‘大東亜戦争の大義’である『植民地解放と(日本経済の生命線である)石油の確保』を果たすためであれば、『イギリスとオランダとだけ開戦(アメリカとは戦わない)』して、植民地解放と石油確保をした後で、停戦することは非常に簡単だったはずなのです。
    (※フィリピンは近いうちにアメリカからの独立が約束されてました)
     日本の指導層が信じられないほど情報音痴で戦略脳の無い無能だったのか、それとも…。
    (※2 日本軍の戦闘能力を過小評価していたからこそ、奇襲攻撃を分かっていて放置したのは事実だと思いますが…。)
    ◎『 日米開戦78周年「「戦闘なしに取引なし」 逝きし世の面影 より 』
    ○『集団自衛権の日独伊軍事同盟での共同防衛(自動参戦)義務』
     第二次世界大戦は日本参戦の1941年では無く、二年も早い1939年。 大日本帝国は独伊と戦争時に相互に助け合う『集団自衛権』日独伊軍事同盟を結んでいたので2年早く1939年にマレー半島のイギリス軍を攻撃するべきだったのである。 (日本とは対照的に独伊は三国同盟の義務を守り日米開戦後、速やかにアメリカに宣戦布告した)
     第一次世界大戦で日本は日英同盟を根拠にドイツに宣戦布告して漁夫の利を得て、 第二次世界大戦でも同じでフランス植民地インドシナに火事場泥棒を働くが、ワシントンでの対米交渉の真っ最中に行ったのが真珠湾奇襲攻撃。 戦争反対の公約で大統領に当選したルーズベルトは敗北寸前に追い込まれていたイギリスを助ける為に参戦したくても、WWⅠで40万人以上の犠牲を出したアメリカ国民の反戦世論が強固だった。 不可能を可能にした(待ち望まれた)『奇跡的出来事』が日本海軍の山本五十六提督の真珠湾奇襲攻撃だったのである。(もしも日本海軍が真珠湾では無く、シンガポールの英軍を陸軍と共に攻撃していれば歴史は大きく変っていたかもしれない)戦略的要衝英領シンガポールや石油資源のオランダ領スマトラとは違い、米領フィリピンは資源も軍事的な意味も低い。
    (※極東軍事裁判でA級戦犯に問われた海軍関係者は1人だけで、他は全員が陸軍だったことから『何かの密約があった』と疑われる2001年の9・11とそっくりな胡乱な事件)

  • 匿名 より:

    空母から立ち上る煙はガソリン系?か
    見た目は凄く派手な絵になるね。見た目はね。あくまでも見た目ね。

  • 匿名 より:

    米側は攻撃の様子を克明に撮影している。当時の撮影機材は非常に大きかったので、奇襲が始まってからでは撮影はほとんど不可能なはず。

  • 匿名 より:

    day of deceit~真珠湾の真実 ― ルーズベルト欺瞞の日々という、アメリカが真珠湾攻撃を事前に察知していたことを証明した、退役軍人が書いた有名な本がありますね。映画トラトラトラの中にも、日本の暗号解読に成功してるシーンは、真珠湾攻撃の直前、オアフ島の北に設置してあった最新のレーダーに映った日本軍の機影を米軍が黙殺するシーンがあります。

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next