新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

憲法学者らが「桜を見る会」の議論継続要請!国会前で市民らが抗議運動も!名簿公開と首相説明を求める!


桜を見る会問題について、「まだ説明されていない」として、立憲デモクラシーの会の憲法学者らが議論継続を要請しました。

12月9日に立憲デモクラシーの会は記者会見を開き、その中で「招待者名簿を公開しさえすれば潔白を瞬時に立証できるのにそれをしないのはみずからが不適切なことを行っていると自白しているようなものだ」と述べ、安倍首相は説明責任を果たしていないと指摘。
このままだと有耶無耶になる恐れがあるとして、出来るだけ早い時期に議論を行うべきだと言及しています。

「桜を見る会」を巡っては国会前でも市民らが先週から抗議運動を行い、「総理説明しろ!」「隠蔽するな!」というような批判の声を投げ掛けていました。各種世論調査でも「政府説明に納得していない」との回答が多数派だったわけで、政府は適切な議論と説明を行う責任があると言えるでしょう。

 

学者ら「桜を見る会」議論継続訴える 「説明責任果たさず」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191209/k10012208311000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

「桜を見る会」をめぐる問題について、憲法学者などのグループが9日、都内で会見し「安倍総理大臣は国会で指摘されたさまざまな疑惑について説明責任を果たしていない」などとして国会などでの議論を継続すべきだと訴えました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /
情報速報ドットコムの最新記事が届きます!