ヘッドライン

【地震予測】麒麟地震研究所の観測データ、青森の地震以降も強い反応 26日の部分日食前後が危険日か


地震予測の参考データを公開している麒麟地震研究所で、強めの反応を観測したことが分かりました。

麒麟地震研究所のデータだと、12月19日に発生した青森県東方沖地震の後も強い反応を観測しており、複数の観測機で強い反応を捉え続けているとのことです。ただし、このデータが収束する時期は不明で、このまま高止まり状態が続く可能性もあると見られています。

他にも「MEGA地震予測」で有名な村井教授も自身のメルマガを通して、各地で地盤の変化を捉え続けていると言及し、年末年始を通して引き続き地震に注意するように呼び掛けていました。

仮に大きな地震が起きるとすれば、月の変化が発生する12月26日前後かもしれません。防災科学技術研究所を始めとする調査機関が発表していますが、月や太陽の引力が地球に圧力を掛け、そのパワーが地震や噴火の引き金になる場合があるのです。
12月26日は1年ぶりに部分日食を日本で観測できる日でもあり、この前後に何らかの地殻変動が起きたとしても不思議ではないと言えるでしょう。

あくまでも可能性の一つではありますが、年末年始は阪神淡路大震災やスマトラ島沖地震のような大地震が多い時期でもあるため、引き続き地震への備えはしておくようにしてください。

 

部分日食(2019年12月)
https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2019/12-topics03.html

12月26日の午後、日本全国で部分日食が起こります。世界の一部地域では金環食が起こりますが、日本では部分食となります。また、東日本や北日本では、太陽が欠けたまま日の入りとなる「日入帯食(にちにゅうたいしょく)」となります。

防災科学技術研究所 月や太陽の引力が地震の引き金に
http://www.bosai.go.jp/press/pdf/20100128_01.pdf

 

 


続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    【安倍政権】飲食店の倒産「過去最多」目前で日本は戦後最悪の恐慌状態

    こっちのが怖い

  • 匿名 より:

    ブログランキング、10位ですね!
    おめでとう。
    目指せ、上位!
    みなさんもポチよろしく。

    巨大な青森東方沖地震が起きたら、六ヶ所村の核燃料サイクル施設にダメージが!
    耐震性は原発よりずっと弱い!
    貯蔵中の使用済み核燃料の量は膨大!
    これらが漏れたり、最悪火災が起きたりして環境中に放出されると・・・
    もう止めるすべがない!
    日本は終わりだ (´;Д;`)

  • 匿名 より:

    やべー。コミケの装備を震災対応にしなければ!折り畳みのヘルメット買うかなぁ。

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next