新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

GDP速報値が年率マイナス6.3%に!消費増税が直撃、コロナで今年も悪化見通し 安倍総理「前回ほどでない」

*官邸
内閣府が発表した2019年10月から12月のGDP(国内総生産)が大幅なマイナスとなりました。

内閣府によると、速報値で10月から12月のGDPは前期比でマイナス1.3%となり、年率換算だとマイナス6.3%まで落ち込んだとのことです。これは2014年の消費増税以来の大幅なマイナス幅で、今年の数値も低迷が予想されていることから、引き続きマイナス傾向が続くことになると見られています。

安倍総理大臣はこの数字について、台風や暖冬の影響もあるとして、「前回ほどでない」と強調。大型の経済政策で日本経済を立て直すことが出来るとして、このまま数字を注視すると国会で言及していました。

数字を見てみると、個人消費の落ち込みが顕著で、家電製品や自動車などの分野は壊滅的な下落となっています。輸出に関してもマイナス傾向が目立ち、良いと言えるような数字が全くありませんでした。
問題なのは1月の先行指数も全体的に悪い数字になっている点で、有識者や政府の想定以上に消費増税の影響が長引く可能性がありそうです。

 

2019年10~12月期四半期別GDP速報 (1次速報値)
https://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/data/data_list/sokuhou/gaiyou/pdf/main_1.pdf

GDPマイナス 消費税率引き上げ影響も回復基調 安倍首相
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200217/k10012289051000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002

去年10月から12月までのGDP=国内総生産の伸び率がマイナスに転じたことについて、安倍総理大臣は衆議院予算委員会の集中審議で消費税率引き上げに伴う一定程度の影響があったとしたうえで、今後も景気は緩やかな回復基調が続くという認識を示しました。

消費増税影響「前回ほどでない」と安倍首相 GDPマイナスで
https://www.sankei.com/politics/news/200217/plt2002170013-n1.html 

安倍晋三首相は17日の衆院予算委員会で、令和元年10~12月期の国内総生産(GDP)速報値がマイナス成長になったことに関し、「(消費税率10%への引き上げに伴う)駆け込み需要と反動減は前回ほどではなかったとみているが、消費税率引き上げや新型コロナウイルス感染症が経済に与える影響を見極めていく」と述べた。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /
情報速報ドットコムの最新記事が届きます!