新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

立憲フェス開催に賛否、新型コロナ対策は?減税では枝野代表が否定意見も!「下げたら消費にプラスなのか」

2月16日に最大野党の立憲民主党が「立憲フェス」を行いました。

立憲フェスには数千人の支持者や党員らが集まり、枝野幸男代表を始めとする現職議員らが演説を実施。立憲フェスの開催を巡っては新型コロナウイルス対策のために、中止や延期を求める声が殺到していましたが、それを無視して押し切った形で行われました。

枝野幸男代表は演説の中で消費増税について触れ、「私が総理をやっている間に、消費税をこれ以上上げることはしません」と強調していましたが、消費減税に関しては反対すると言及しています。
会場ではれいわ新選組の減税政策に関する質問もあり、それについて「下げたら消費にプラスの影響を与えるかというと、必ずしもそうではない」とコメントしていました。

あくまでもこれ以上の消費増税はやらないというスタンスで、減税政策を党としてやる考えはないとしています。

枝野幸男代表の方針が変わらなければ、立憲民主党の方針は現状維持となりそうで、れいわ新選組との共闘も難しいと見られているところです。

 

枝野氏に立憲支持者「れいわは5%に戻すと言っている」 党大会でも消費税めぐり議論
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200217-00000009-jct-soci

19年に税率が10%に引き上げられた消費税をめぐっては、枝野幸男代表は政権交代が実現した際の見通しとして「私が総理をやっている間に、消費税をこれ以上上げることはしません」と述べ、首相在任中は引き上げに向けた議論もしないことを「約束」した。立憲支持者の中には税率引き下げを求める声も根強いが、枝野氏は「下げたら消費にプラスの影響を与えるかというと、必ずしもそうではない」と否定的だ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /
情報速報ドットコムの最新記事が届きます!