ヘッドライン

【朗報】新型コロナウイルスの抗体発見!武漢の病院が発表 100人対象の臨床試験で改善確認!

入力不要(ここは表示されません)

新型コロナウイルスについて、中国の武漢市にある病院が抗体を発見したと発表しました。

これは地元メディアやNHKが報道した情報で、抗体が発見されたのは中国湖北省にある武漢金銀潭医院です。
武漢金銀潭病院の張定宇院長は記者会見で「新型コロナウイルスに感染し回復した患者の体内に抗体ができている」と述べ、一部の患者から抗体を確認したと言及。100人を対象とした臨床試験で改善が確認されたとして、安全性にも問題は無かったとしています。

2月17日の記者会見では中国保険当局も「効果は明らかだ」と強調し、今後は全国の医療機関で使用していくと表明していました。

また、抗体とは別に重症化した患者に対しては、完治した人の血しょうを使った治療が有効だとして、中国当局は完治した患者に血しょうの提供を呼び掛けるとしています。
血しょうを使った治療に関しては安全性が不透明で、引き続き調査を続けているところです。

徐々に新型コロナウイルスへの対処法が分かってきたこともあり、予想よりも早い段階で封じ込めが出来るのではと期待感も高まっています。

 

“抗マラリア薬と血しょう 治療に効果”中国当局 新型ウイルス
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200218/k10012289921000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

新型コロナウイルスの患者に対する治療法について、中国の保健当局は17日の記者会見で、一般の患者には抗マラリア薬による治療の、重症患者には完治した人の血しょうを使った治療の、効果が顕著だという見方を示しました。

新型肺炎の回復者から抗体発見 血漿を重症患者の治療に活用=医学専門家
http://japanese.cri.cn/20200215/2c9f3eb7-c7b2-b9fd-ba9a-51638bff3750.html

武漢金銀潭病院の張定宇院長がこのほど、「新型コロナウイルスに感染し回復した患者の体内に抗体ができている」と明らかにしました。新型コロナウイルスへのワクチンや特効薬がまだ無い現在、この抗体を含む血漿を利用した血液製剤が、新型肺炎を治療する最も効果的な手段になると見られています。

 

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

入力不要(ここは表示されません)

\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    朗報だね。
    まあでも、安全性を確認して量産体制に入るまで、年単位かかるね。
    とりあえず本邦は、感染者を隔離して蔓延を防ぐと共に、重症化を止める治療病床を確保しないと。
    .
    ところで、例のヒゲが
    >

    佐藤正久
    @SatoMasahisa
    会社を休ませる指示なら、非正規の 雇用者の保障をしないと。
    正規は有給休暇はあっても、非正規の方々にはありません。
    動きます
    .
    とツイートし、
    「非正規だって有給休暇はあるぞ!」
    「やってる感出してんじゃねえ!」
    と、火だるまに www
    「動きます」って、松本かよ?!
    .
    なお、ネトウヨのために書いておくが、新型コロナ肺炎感染者に対しては、「有給休暇」ではなく、「休業補償」を設けるべきである。
    韓国やマレーシアがやっていることを出来ない「経済大国(ワラ)」「先進国(ワラワラ)」って、何だよ?

  • 匿名 より:

    佐藤正久も統一教会系

  • 匿名 より:

    中国の医療水準は高いですね。日本はク◎ですね。

  • 匿名 より:

    最初のときは自分の免疫システムで回復した人もいますが、2回目のときには抗体が役に立たずに悪化し、心不全で突然死にます。
    「検査キットを欺くことができる-彼らが発見したケースでは、CTスキャンは両方の肺が完全に感染していることを示していますが、検査は4回陰性になりました。5回目の検査でやっと陽性反応が出ました。」-Taiwan Times

  • ロハスな人 より:

     ネット上では『コロナ肺炎にも効果がある?』と話題になっている『アビガン』と類似の薬の生産を中国が始めたようですね。
     この薬に効果があれば、日本がたくさん備蓄している?というアビガンにも期待できそうです。
    ⚪中国政府 新型コロナ対策 既存薬の成分で製薬 2/17(月) Yahoo!Japanニュース
    ⚪中国政府は新型コロナウイルス対策として富士フイルム富山化学のインフルエンザ治療薬「アビガン」に含まれる有効成分を使った薬の生産を始めました。
     中国政府の発表によりますと新型コロナウイルス対策として既存の薬を役立てようと臨床試験を行った結果、「ファビピラビル」という成分が副作用が少なく効果が高いことがわかり、16日から薬の生産を始めました。
     「ファビピラビル」は2014年、富士フイルム富山化学の前身で富山市に研究生産拠点を置いていた富山化学工業と当時、富山大学医学部に勤務していた白木公康教授が共同研究して開発した薬「アビガン」に含まれています。
    (富山テレビ放送より)

  • 匿名 より:

    抗体に効かないウィルスに進化して
    より強力なウィルスになる場合も
    あるから慎重に進めないといけないと思う

  • 匿名 より:

    [速報ニュース! 中国の科学者が発表した最新の研究によると、コロナウイルスはほとんどの男性患者を不妊症にする]Thailand Medical News 2020年2月16日
    “新しいコロナウイルスが腎組織と精巣組織の両方に強力な病原性を発現し、病変が生じたことを示した。 損傷した精巣組織は、ほと​​んどの男性患者に不妊症を引き起こす可能性があります。”
    子供を休学させる人が出始めましたね。
    それでいいと思う。

  • 匿名 より:

    看護士さんがまとめツイートしてくれてた
    ・米英では空気感染扱い
    ・PCR検査を何度も突破
    ・男性は回復しても不妊を確認
    ・HIV、エボラ等、複数特性を持つ
    ・高温多湿でも元気に活動
    ・発症まで最長40日
    ・肺炎が治っても心筋炎、肝不全、多臓器不全のリスク

  • ロハスな人 より:

     ↑のアビガン錠の投稿に関連して、アビガン錠による治療はエボラ治療には効果があったというレポートがありますね。
    ⚪フランス国立保健医学研究機構(インサーム)は、ギニアで発生したエボラ出血熱に対する臨床試験の中間解析結果で、富士フイルムが提供している抗インフルエンザウイルス薬「アビガン錠」(一般名:ファビピラビル)の有効性が示唆されたと発表した。治療開始時の血中エボラウイルス量が中程度から高い患者に対しては、栄養や水分を補給する基礎療法に比べ、死亡率が30%から15%と半減。
     今回の結果を受け富士フイルムは、治療法確立に向けて仏政府やギニア政府、日本の関連当局に全面的に協力していく。
    (薬事日報より)

  • 匿名 より:

    眼科医会から通達FAXがあったそうです。
    『結膜炎患者への対応について(新型コロナウイルス 関連)』
    “感染すると初期症状で結膜炎を発症することもあり、その後に呼吸器症状が発生します。即ち、眼科受診時点では感染していても自覚症状がない人もいます。”
    素人だけれど、しばらくコンタクトレンズより眼鏡の方がマシな気がする。
    できれば花粉症対策眼鏡。

  • 匿名 より:

    中国国営放送で俳優を使った「新型コロナウイルスに勝利」とのプロパガンダ放送が発覚
    日中ともに「大本営メディア」だから朗報でも警戒
    直感だけが命綱

  • 匿名 より:

    武漢には数日前に人民解放軍の全軍が入り込んでるから情報遮断した上で住民皆殺し・焼却後に住民として農村部の人間を入れて、はい!元通り!ってしそうで怖い。

    朗報でもなんでもないのでは?
    大体、写真の医師達?の軽装すぎる格好みたらイメージ写真でしかないのがわかる。

  • 匿名 より:

    ワクチンビジネスは戦々恐々

  • 匿名 より:

    > 2020年2月18日 1:34 PM
    40℃の高熱が続くケースなら、新型コロナウィルスじゃなくても普通に腎組織や精巣組織にダメージあるだろ。

  • 匿名 より:

    >武漢には数日前に人民解放軍の全軍が入り込んでるから
    マスクをしていない住民を射殺しまくっている動画がアップされた。
    道路脇にも死屍累々。
    夜間に大量に何かを燃やす猛火が複数箇所で見られる。

  • 匿名 より:

    血しょうを使った治療は安全性に関して過去のエイズ訴訟を連想させます。
    最初の発症の抗体が維持できず再感染すると言われており多臓器不全を
    導く免疫不全の後遺症も疑われていますから中国で発信された治療法情報は
    今の時点では?マークです。
    米国政府はすでに国防の視点で遺伝子解析を進めているそうですから
    どのようなものとして位置ずけされているのか推察できますね。
    中国、WHOや日本のマスコミが感染しても多くは軽い病状で改善されるとの
    報道は安易すぎます。対症療法により表面的に陽性反応が消えても本当に
    完治しているかどうかは分からないのですから恐ろしい状況です。

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next