新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

クルーズ船で検疫をした専門家が暴露!「COVID-19の製造機」「感染対策の提言で追い出された」「アフリカ以下だ」

*ダイヤモンド・プリンセス
横浜港に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」で検疫作業を行った関係者が日本の酷い内情を動画で暴露しました。
暴露したのは神戸大学病院感染症内科で教授をしている岩田健太郎さんです。

岩田さんは2月18日に新型コロナウイルス対策支援の一環でダイヤモンド・プリンセス号に入り、災害派遣医療チーム(DMAT)として船内で活動を開始。そこで想像を絶するような酷い現場を目撃し、あまりの酷さに内情暴露することを決意したとしています。

ダイヤモンド・プリンセス号の内部は検疫体制がズサンな状態で、岩田さんは「自分自身も新型コロナウイルスに感染するかもしれないと恐怖を感じたほどだ」とコメントしていました。
アフリカのような発展途上国でもここまで酷いのは見たことがないとして、厚生労働省の職員らに改善を要求するも、その後に追い出されてしまったと報告しています。

厚生労働省は全く対応を改善を考えていないようで、他の専門家たちの指摘や意見にも耳を貸さなかったようです。

そして、動画の最後に「多くの方にダイヤモンド・プリンセスで何が起きているのか知ってもらいたい」「DMATや検疫官らがもっと安全に仕事ができれば良いと思って伝えることにしました」と述べ、学会や世論に動いてほしいと訴え掛けていました。

現場に入った専門家からの暴露は前代未聞で、岩田さんの話が事実だとすれば、ダイヤモンド・プリンセス号の感染管理はまともに機能しておらず、厚生労働省も本当に危機感がゼロ状態ということになりそうです。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /
情報速報ドットコムの最新記事が届きます!