新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

横浜のタクシー運転手が新型肺炎に感染!重症で会話すら出来ず 複数の病院を受診も 4都県で計8人

神奈川県の横浜市に住んでいる60代の男性タクシー運転手から新型コロナウイルスが検出されました。

NHKの記事によると、この男性は重症の肺炎状態で、まともな話すら出来ないほどに苦しんでいるとのことです。今月3日から発熱があり、5日に医療機関を受診するも一般的な風邪と診断を受けていました。

症状が悪化したことから10日に別の医療機関で診察を受け、複数の検査を得て2月18日に新型コロナウイルスが確定した流れです。

病院で医師には「中国人をタクシーに乗せたことがある」などと話しているようで、現在は詳しい感染経路を調査しています。

18日に報告された新しい患者は東京都と神奈川県、愛知県で計8人となり、その内の3人が重症状態となっていました。

本日にも横浜港に停泊しているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」で患者の下船作業が始まりますが、相次ぐ感染報告に住民からは懸念や不安の声が相次いでいます。
実際に陰性反応だった人から新型コロナウイルスが後で発見されるケースも多く、陰性反応を信用して下船させるのは非常に危険だと言えるでしょう。

 

横浜のタクシー運転手男性が新たに感染 重症の肺炎で話できず
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200218/k10012291101000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

神奈川県と横浜市は18日、横浜市に住む60代の男性のタクシー運転手が新たに新型コロナウイルスに感染していることを発表しました。重症の肺炎で話ができない状態だということで県と市では感染の経緯などを調べています。

感染者に医師の息子 和歌山で10代、東京で20代の2人確認 「4都県で計8人」発表
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200218-00000095-mai-soci

 新型コロナウイルスの感染症の関係で、18日は新たに、和歌山県で済生会有田病院(湯浅町)に勤務して感染が確認された医師の10代の息子ら3人、東京都で牧田総合病院(大田区)に勤務して感染が確認された医師の20代の息子ら3人、神奈川、愛知両県で各1人の計8人の感染が発表された。10代の感染確認は国内で初めてといい、東京と神奈川の計3人は重症という。

 

 

 

関連過去記事

首都圏の感染予想、1人の感染者が鉄道に乗る⇒1週間で最大12万人に感染拡大!既に新型肺炎の感染者が多発か
https://johosokuhou.com/2020/02/15/25633/

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!