新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

ダイヤモンド・プリンセス号、500人を本日に下船!公共交通機関で帰宅 陰性反応でも新型肺炎発症の恐れ

横浜港に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」で、本日から下船作業が始まります。

下船の対象となるのは検査で陰性反応となった約500人で、早ければ午前中にも作業を開始するとしていました。下船後は運航会社が用意したバスでターミナル駅などに搬送した後、公共交通機関で帰宅するとしています。

今回の下船について、政府側「は陰性反応だから大丈夫だ」としていますが、陰性反応だった人が後で陽性反応に変化するパターンは多くあり、日本国内の検査でも陰性から陽性に変化した事例は多いです。

それだけに陰性反応を下船の条件とするのはかなり緩いと言え、感染者を開放してしまうリスクがあると言えるでしょう。
帰宅時に公共交通機関を使うという部分も不安を感じ、これが新型コロナウイルスの感染爆発のトリガーになっても不思議ではないです。

 

陰性の500人 19日に下船 クルーズ船、新たに88人感染
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO55777190Y0A210C2CC1000?s=4

横浜港で検疫中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」について、厚生労働省は18日、乗客の下船を19日午前から始めると明らかにした。乗客全員がウイルス検査の検体採取を終えており、陰性が確認された乗客は順次下船させる。19日は約500人が下船予定で、対象者全員の下船完了は21日となる見込み。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!