新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【新型肺炎】岩田教授の暴露動画に菅官房長官が反論!「感染防御策を徹底している」


神戸大医学部の岩田健太郎教授がダイヤモンド・プリンセス号の内情を暴露した動画について、菅官房長官が反論のコメントをしました。

菅官房長官は記者会見で「まずクルーズ船は2月5日以降、乗員についてもマスクの着用や手洗い、アルコール消毒などの感染防御策を徹底するとともに、乗員の感染が確認された場合には同室の乗員も自室待機にするなど感染拡大防止を徹底しています」と述べ、感染症防御策はシッカリとやっていると強調。

この答弁後に記者から「岩田さんはウイルスの危険区域(レッドゾーン)と安全地帯(グリーンゾーン)がぐちゃぐちゃだとご指摘しています」と質問を受けるも、菅官房長官は「イエスかノーかではお答えできないと思います」「最大限の対応を行っている」と言葉を強めていました。

最後まで政府の感染症対策は最大限で問題無しとのスタンスで、岩田教授の指摘を全く聞き入れない感じだと言えるでしょう。

ただ、現実問題として政府の検疫官からも感染報告があり、このような点を考えると、菅官房長官の答弁は信用できないと思われます。それどころか不十分な感染症対策で感染を拡大させている可能性が高く、このままではクルーズ船と同じように日本全体が感染してしまうのも時間の問題となりそうです。

 

クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200219-00000029-mai-pol

 感染症対策に詳しい神戸大医学部の岩田健太郎教授が18日、政府の許可を得て、横浜港で検疫中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に乗船した経験として、船内の2次感染リスクの管理が不十分だったと指摘する動画を公開した。菅義偉官房長官は19日の記者会見で「感染拡大防止に徹底して取り組んできている」と反論したが、政府高官は「いろいろな指摘には謙虚に耳を傾けたい」と述べた。

 

 

関連過去記事

クルーズ船で検疫をした専門家が暴露!「COVID-19の製造機」「感染対策の提言で追い出された」「アフリカ以下だ」
https://johosokuhou.com/2020/02/19/25856/

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!