新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

遂に中国政府が新型肺炎の「エアロゾル感染」をガイドラインに記載!霧状になって浮遊、感染力は桁違いに


遂に中国政府が新型コロナウイルスにエアロゾル感染があると認めました。

2月19日に中国国家衛生健康委員会は新型コロナウイルスのガイドラインを発表し、その中で「相対的に密閉された環境で、高濃度のエアロゾルに長時間暴露された場合、エアロゾル感染する可能性がある」と述べ、公式見解としてエアロゾル感染に初めて言及。
従来の飛沫感染と濃厚接触に加えて、エアロゾル感染を追加した上で、中国当局は厳重な警戒をするように呼び掛けていました。

エアロゾル感染とは微細な粒子にウイルスが付着して空気中を漂う現象のことで、空気感染の一種とも言われています。その感染力は飛沫感染や濃厚接触と比べて別格だと言え、ほぼ空気感染と同じ状態だと思って良いです。

エアロゾル感染の可能性は数週間ほど前から現場の専門チームが指摘していましたが、「混乱を招く恐れがある」として曖昧な扱いとなっていました。
それだけに公式がエアロゾル感染を認めたのは大きいと言えるでしょう。

 

关于印发新型冠状病毒肺炎诊疗方案(实行第六版)的通知
https://mp.weixin.qq.com/s/CKyl8JhdpTV-GM-NGh0yvA

新型ウイルス 中国保健当局「エアロゾル」感染の可能性指摘
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200219/k10012292631000.html

「エアロゾル感染」認める 中国政府 新型肺炎 「飛沫」より感染力
https://www.sankei.com/life/news/200219/lif2002190078-n1.html 

 

 

関連過去記事
新型コロナウイルスでエアロゾル感染を確認と中国当局!非接触でも感染リスク!事実上の空気感染?BBCも報道
https://johosokuhou.com/2020/02/09/25281/

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!