新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

新型コロナで国会が一時中断に!感染した厚労省職員が副大臣・政務官と接触!国会休会論も浮上か

2月21日の国会は新型コロナウイルスに関する質問が相次ぎ、国会審議が一時中断となりました。

野党が問題視しているのは厚生労働省の職員らが相次いで感染したことで、「感染症対策や検査体制が不十分ではないか」などと与党に質問が殺到。
先日に感染が発覚した厚生労働省の職員は副大臣や政務官と接触していた事が発覚し、野党が情報開示を求めたところ、与党が個人情報保護を理由にして拒否したことで騒然となりました。

また、野党は厚労省職員から感染が広がる恐れがあるとして、接触した可能性のある加藤勝信厚労大臣や橋本岳厚労副大臣らに対して、感染の有無を確認して、検査結果の報告を行うように要請しています。

政府の答弁ではマスクなどを着用して作業していたことから、この職員から感染が広がる可能性は低いとしていますが、あまり信憑性はないと言えるでしょう。

政府系の職員が感染したことで、国会にも新型コロナウイルスが侵入してくる可能性が高まり、一部からは国会休会論が浮上しています。

 

新型肺炎感染の厚労省職員、副大臣・政務官と接触-国会が一時中断
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-21/Q610SCDWLU6901

横浜港に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」号で業務に当たり、自らも新型コロナウイルスに感染した厚生労働省職員が同省の副大臣や政務官と接触していたことが21日分かり、衆院財務金融委員会の審議が一時中断する一幕があった。

国会休会はあり得るか 断れぬ握手…感染リスク高く
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200220-00000594-san-pol

肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染が拡大し、令和2年度予算案が審議されている国会も感染のリスクにさらされている。消費税増税や新型肺炎による日本経済への悪影響に備え、元年度補正予算に続き2年度予算の速やかな執行が求められるが、蔓延(まんえん)防止のため国会が休会となれば国政が停滞し、国民生活にも影響しかねない

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!