新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

安倍晋三首相と菅直人元首相の違いが凄いと話題に!対策本部開かずに会食三昧 新型コロナ対策本部に数分だけ

*官邸
東日本大震災時の首相動静と今の首相動静があまりにも違いすぎると話題になっています。

2011年3月12日の首相動静を見てみると、朝7時11分に福島第一原発視察、8時にはヘリで自衛隊駐屯地、8時半に宮城県沿岸部の被災地を確認、10時47分に官邸着、そのまま対策本部で会議と指示。夜までこの状態が続き、震災の発生から数日間はずっとこんな感じになっていました。

一方で、安倍首相の首相動静だと、新型コロナウイルスの対策本部を開かない日もあり、21日には東京・芝公園のホテルにある高級中華料理店「中国料理 陽明殿」で会食をしています。
会食の回数はかなり多く、一回あたりの時間も1~2時間ほどと対策本部に居る時間よりも長いです。

安倍首相は批判の声に「世界保健機関も評価している」と反論していますが、明らかに民主党政権時代と比べて災害対策をやる気が全く無いと言えるでしょう。

 

首相「WHOも評価」 感染拡大批判に反論 稲田氏らとの会食で
https://www.sankei.com/life/news/200221/lif2002210114-n1.html

安倍晋三首相は21日夜、東京・芝公園のホテルにある中国料理店で、自民党の稲田朋美幹事長代行や山口泰明組織運動本部長らと会食した。山口氏によると、首相は感染が拡大する新型コロナウイルスへの政府対応をめぐる批判に「世界保健機関(WHO)も評価している」と反論した。

首相動静(2月21日)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020022100283&g=pol

 午前8時現在、東京・富ケ谷の私邸。朝の来客なし。
午前8時10分、私邸発。
午前8時21分、官邸着。
午前8時33分から同40分まで、閣議。
午前8時42分から同49分まで、茂木敏充外相。午後2時17分、北村滋国家安全保障局長、林肇官房副長官補、今井尚哉首相補佐官、外務省の秋葉剛男事務次官、滝崎成樹アジア大洋州局長が入った。同38分、林、滝崎両氏が出た。同58分、全員出た。同3時3分、菅義偉、西村明宏、岡田直樹、杉田和博正副官房長官、沖田芳樹内閣危機管理監、北村国家安全保障局長、古谷一之、前田哲両官房副長官補、長谷川栄一、今井両首相補佐官、外務省の秋葉事務次官、山田重夫総合外交政策局長、鈴木康裕厚生労働省医務技監、高橋憲一防衛事務次官が入った。同4分、加藤勝信厚労相、鈴木俊彦厚労事務次官が加わった。同33分、全員出た。
午後4時17分から同43分まで、滝沢裕昭内閣情報官。
午後5時2分、官邸発。同4分、東京・永田町のザ・キャピトルホテル東急着。同ホテル内の宴会場「桐」で自民党と各種団体の懇談会に出席し、あいさつ。同11分、同ホテル発。同13分、官邸着。
午後6時47分、官邸発。
午後6時57分、東京・芝公園のホテル「ザ・プリンスパークタワー東京」着。同ホテル内の「中国料理 陽明殿」で自民党の山口泰明組織運動本部長、稲田朋美幹事長代行、三ツ林裕巳、神山佐市両衆院議員と会食。西村官房副長官同席。
午後9時5分、同ホテル発。
午後9時18分、私邸着。
午後10時現在、私邸。来客なし。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!