新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

シンガポールで感染者100人突破の衝撃!気温30度・湿度80%でも止まらず 新型コロナは高温多湿でも増殖か


東南アジアのシンガポールで新型コロナウイルスの感染報告が増えています。3月2日までにシンガポールで確認された感染者は100人を突破し、日本人1人を含めて計106人に増加しました。
また、隣国のマレーシアでも感染者が計29人に増え、東南アジアの広い範囲で新型コロナウイルスの患者が増えています。

当初はインフルエンザと同じように高温多湿には弱いと言われていましたが、ここに来て状況が大きく変わっているところです。最近のシンガポールでは最高気温が30度を超えており、湿度も80%を超える日が多々あります。
日本の6月や7月と同じような気候で、この高温多湿でも新型コロナウイルスの患者数が急増。

シンガポールの新型コロナウイルス対策は日本とは比較にならないほどに厳しく、感染拡大の恐れがある人を監視するための法整備も終えています。それこそ日本だと人権侵害になるような監視行為まで政府が行っているほどで、そこまで厳格化しても感染はジワジワと広がっているのです。

つまり、新型コロナウイルスは梅雨の季節や夏に突入しても日本で引き続き感染拡大が続く可能性が高いと言え、時間経過による収束期待は出来ないということになります。

そうなると、夏に控えている東京オリンピックにも直撃してしまうわけで、いよいよ本当に東京オリンピック中止が決まることになるかもしれません。

 

シンガポール天気
https://tenki.jp/world/4/79/48698/

シンガポールで邦人が初感染 新型コロナウイルス
https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020030101002061.html

【クアラルンプール共同】シンガポール保健省は1日、国内で働く日本人男性(54)の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。シンガポールで日本人の感染が確認されたのは初めて。国内の感染者は計106人になった。
また、マレーシア保健省は1日、2月27日に感染が判明した日本人女性と同室の入院患者ら4人の感染が新たに確認され、感染者が計29人となったと発表した。

焦点:シンガポールのウイルス対策、他国がまねできない徹底ぶり
https://jp.reuters.com/article/china-health-singapore-idJPKBN20F11C

1月末に初めて、中国人旅行者の感染例が見つかったタイミングで、140人に及ぶ政府の専門チームが、患者への聞き取りや濃厚接触者の特定と隔離のため設置された。

保健省当局者によると、航空会社に乗員乗客名簿の提出を求め、防犯カメラで患者の動きを追い、警察の捜査員も投入した。これまでに2593人ほどが隔離された。

シンガポール国立大学のチョン・ジャラン教授(政治学)は「ここではこうした個人生活への立ち入りが受け入れられている。この種の要求に対して、国民はかなり対応の準備ができており、これが追跡力の助けになっている」と述べた。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!