新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

日本国内で新型コロナの突然死が多発か 容態急変後の死亡確認で新型コロナ発覚が相次ぐ・・・ 

容態が急変し、倒れた後に新型コロナウイルスと判明するケースが多発していることが分かりました。

これは日本テレビが警察関係者の話として報道した情報で、警視庁が扱った変死事案で後に新型コロナウイルスの感染が発覚した事例は1ヶ月で6件ほどあり、いずれも容態が急変したと報じられています。

医療機関で十分な治療を受けられなかったりしたケースも見られ、医療機関の混乱から治療を受ける前に自宅や路上で倒れてしまったと推測されているところです。

このような報告は中国の武漢市でも2ヶ月ほど前に多発しており、知らない内に新型コロナウイルスが体内を侵食し、そのまま放置して手遅れになってしまったパターンだと推測されます。
医療機関のパンク状態から突然死は引き続き増えることになる可能性が高く、ネット上では「遂に日本でも起きてしまったか」と驚き声も相次いでいました。

 

容体が急変…“変死”新型コロナ判明相次ぐ
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20200420-00000214-nnn-soci

路上や自宅などで容体が急変して死亡し警視庁が変死として扱った事案で、死後に、新型コロナウイルスへの感染が判明するケースが、相次いでいることが分かりました。
捜査関係者によりますと、今月9日、都内の60代の男性が路上で倒れているのが見つかり、その後、死亡しました。男性は、駆けつけた救急隊員に「胸が苦しい」と話していたため、死亡後にPCR検査をしたところ、感染が確認されたということです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /
情報速報ドットコムの最新記事が届きます!