新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

川崎市の自宅で倒れた男性、死後検査で新型コロナの陽性反応に 5都県で計11人が変死後に感染確認と警察

路上や自宅で倒れていた人が後から新型コロナウイルスに感染していたと発覚する事例が相次いでいます。

共同通信社によると、警察への取材調査を通して、東京都と神奈川県、埼玉県、三重県、兵庫県の5都県で計11人が変死後に新型コロナウイルスの感染が確認されたと判明。
警視庁が最多の6人で、警察は新型コロナウイルスの感染を防ぐために、捜査員を対象にして手袋やマスク着用を徹底させるように呼び掛けています。

4月20日には神奈川県川崎市が新たに40代男性が高津区の自宅で死亡したと発表し、死後のPCR検査で感染が確定しました。
既に日本テレビなども報道していますが、首都圏を中心にして日本の各地で、死後に新型コロナウイルスの感染が判明する事例が続出しており、深刻な問題となっています。

今のところは数が少ないですが、このまま感染が各地に拡大してしまうと、自宅や路上で亡くなるとの報告が急増することになるでしょう。
中国の武漢市でも一時的に同じ報告があったわけで、日本も本気で新型コロナウイルスの突然死を見据えて対応法を考えておく必要があります。

 

変死の11人がコロナ感染 3~4月に5都県、警察庁まとめ
https://this.kiji.is/624907995210302561

全国の警察が4月中旬までの約1カ月間に取り扱った変死体のうち、埼玉、東京、神奈川、三重、兵庫5都県の計11人が、新型コロナウイルス感染を確認されていたことが20日、警察庁への取材で分かった。

室内で倒れていた川崎の40代男性、死亡後に陽性判明
https://www.kanaloco.jp/article/entry-334246.html

新型コロナウイルスの感染拡大を巡り、川崎市は20日、40~60代の男性3人の感染が新たに確認されたと発表した。このうち、高津区の40代男性が重症肺炎で死亡した。市発表の感染者数は累計で191人、死者数は6人となった。


 

 

関連過去記事

日本国内で新型コロナの突然死が多発か 容態急変後の死亡確認で新型コロナ発覚が相次ぐ・・・
https://johosokuhou.com/2020/04/20/29743/

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!