新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

関西電力、橋下徹氏の社外取締役起用を拒否へ 松井一郎市長は株主代表訴訟の可能性を示唆

*関西電力
大阪市が提案した橋下徹元市長の社外取締役起用案について、関西電力が拒否することが分かりました。

関西電力は4月20日の人事・報酬等諮問委員会で大阪市の提案を検討し、最終的に6月の株主総会で橋下氏を役員人事案に含めない方向で一致。あまりにも政党色が強すぎるとして、大阪市の意見だけを取り入れることに慎重意見が相次いだと報じられています。

ただ、大阪市の松井一郎市長は関西電力が提案を断った場合、株主代表訴訟を行う可能性があると表明しており、関西電力に強い圧力を掛けていました。関西電力としてはインフラ整備を担当していることもあり、政党色が強い人を社外取締役に起用することについては前々から反対論が根強かったです。

大阪市の行為を民間企業への圧力と批判する声も多く、大阪市が関西電力の判断を受けて、どのような行動に踏み切るのか注目が集まっています。

 

関電、橋下徹氏の起用拒否へ 特定政党色強く慎重意見
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200420-00000169-kyodonews-bus_all 

関西電力が、筆頭株主の大阪市が提案した橋下徹元市長の社外取締役起用案について、拒否する方針を固めたことが20日、分かった。同日開いた人事・報酬等諮問委員会で大阪市の提案を議論したが、6月の株主総会で提案する役員人事案には橋下氏を含めない方向となった。今月28日に開く取締役会で最終的な結論を出す。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /
情報速報ドットコムの最新記事が届きます!