新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

政府配布のマスク、不良品が6700枚に!厚生労働省が妊婦に注意喚起も 「口に触れるもので不良品は大問題」


アベノマスクとして政府が配布したマスクですが、現時点で6700枚も不良品の報告があることが分かりました。

これはNHKが発表した情報で、4月21日の時点で政府が妊婦向けに配布を始めた布マスクの不良品は6700枚となり、厚生労働省が生産現場の衛生管理などを緊急調査すると発表。
既に厚生労働省は妊婦のマスク着用に注意を促した上で、自治体から不良品の回収作業を急いでいます。

配布された布製マスクの大半は海外の工場で生産され、東南アジアや中国が大半だと報じられていました。
ネット上でも、「髪の毛が入っていた」「汚れている」「マスクが崩れている」などと不良品の報告が相次ぎ、マスクの使用を止めるように呼び掛けるコメントも多かったです。

 

妊婦向けの布マスク 不良品6700枚に 原因調査
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200421/k10012397691000.html?utm_int=all_side_ranking-social_004

新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、政府が妊婦向けに配布を始めた布マスクから不良品が見つかった問題で、不良品の数が6700枚まで増えていることがわかりました。布マスクの大半は東南アジアや中国で作られたものだということで、政府は衛生管理に問題がなかったかなど詳しい原因を調べています。

 

関連過去記事
アベノマスク、まさかの海外製だった!学校に配布したマスクに虫が混入 文科省
https://johosokuhou.com/2020/04/21/29785/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /
情報速報ドットコムの最新記事が届きます!