新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

広島県知事「職員の10万円給付を新型コロナ対策の財源として活用する」⇒批判殺到!財産権の侵害では?


広島県の湯崎英彦知事が新型コロナウイルス対策の財源として、県職員らが受け取る予定になっている10万円給付を活用すると表明しました。

報道記事によると、湯崎知事は21日の記者会見で、「必要な財源が圧倒的に足りない。捻出する時に今回給付される10万円を活用することで、聖域なく検討したい」と述べ、職員の資金を含めて活用する方向で検討するとコメント。
このニュースはネット上でもトレンド入りするほどに話題となり、多くの人たちから批判の声が殺到しています。

ネットのコメントを見てみると、財産権の侵害を指摘する声が多く、カツアゲ行為だとして中止を求める意見が相次いでいました。
まさに個人の財産を奪う暴挙だと言え、いくら公務員であっても一度支給されたお金を取り上げ、財源として利用するのは絶対にやってはいけない行為です。

 

県職員の10万円でコロナ対策 広島知事、国給付の活用表明
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200421-00010007-chugoku-soci

 広島県の湯崎英彦知事は21日の記者会見で、新型コロナウイルスの緊急経済対策として国が全国民に給付する10万円について、県職員分を「活用する」との考えを表明した。基金に積み立て、感染拡大を防ぐ対策の財源に充てる案を想定している。湯崎知事は「必要な財源が圧倒的に足りない。捻出する時に今回給付される10万円を活用することで、聖域なく検討したい」との考えを示した。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!