新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

慶應病院が一般患者を一斉検査⇒5.97%が新型コロナウイルスに感染と判明!全員が無症状、コロナ以外を目的に

新型コロナウイルスの集団感染が発生した慶応大学病院が一般患者を対象にした大規模なウイルス検査を実施しました。

慶応大学病院によると、このPCR検査は4月13日から4月19日の期間に無症状の一般患者67人を対象にして行われ、その内の4人から新型コロナウイルスの陽性反応が確認されたとのことです。
いずれも新型コロナウイルス以外の治療を目的とした通院で、いわゆる隠れコロナの患者だと発表されています。

一般患者が実は新型コロナウイルスに感染していたというケースは非常に多く、各地の院内感染も一般病棟経由で発生している事例が増加しているところです。
サンプル数が少ないですが、慶応大学病院の調査結果は参考になると言え、無症状の隠れ感染者こそ医療機関が一番警戒した方が良いのかもしれません。

 

新型コロナウイルス感染症に関する当院の状況について
http://www.hosp.keio.ac.jp/oshirase/important/detail/40171/

4月13日から4月19日の期間に行われた術前および入院前PCR検査において、新型コロナウイルス感染症以外の治療を目的とした無症状の患者さんのうち5.97%の陽性者(4人/67人中)が確認されました。これは院外・市中で感染したものと考えられ、地域での感染の状況を反映している可能性があり、感染防止にむけてさらなる策を講じていく必要があると考えております。
当院では、院内をゾーニングするなど様々な院内感染の防御策を講じて、新型コロナウイルス感染症の重症・重篤な患者さんを救う努力を続けながら、大学病院、特定機能病院としてのミッションとして高度な医療を提供していく所存です。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /
情報速報ドットコムの最新記事が届きます!