新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

IPSの山中伸弥教授が警鐘!「単に検査をしていない」「東京の陽性率、4月は19%を維持」「韓国は3%です」

IPS細胞で有名な山中伸弥教授が東京の新型コロナウイルスの感染者数について、公式発表以上の感染者が居ると言及しました。

山中教授は自身のホームページで、「検査件数を見ると愕然とします。検査件数も同じように減っているのです。つまり感染者数が横ばいや減少しているように見えるのは、単に検査をしていないからだけなのです」と述べ、東京の検査件数が激減していると指摘。
公式発表だと新型コロナウイルスの陽性反応が減っているとした上で、注目すべきは検査件数に対する陽性者の割合(陽性率)だとコメントしていました。

現時点で判明している数字で山中教授が独自に東京の陽性率を算出した結果、3月上旬は4%、3月末に18%となり、依然として19%を維持しているとまとめています。

そして、韓国の陽性率は3%程度に留まっていると紹介し、20%以上の陽性率が続く東京は非常に危険な状態になっていると警鐘を鳴らしていました。

山中教授のホームページには新型コロナウイルス対策や提言もまとめられており、日本は検査や隔離対応が弱すぎるとして、もっと強い対応を実施するように求めています。

 

東京の感染者はもっと多いかも
https://www.covid19-yamanaka.com/cont3/16.html

東京は検査数が日ごとに大きくぶれているので、一週間ごとの陽性率を計算してみました。2月は3%、3月になって4%、7%と増加し、3月末には18%に急増、4月は19%を維持しています。検査件数には、同じ人に複数検査した件数も含まれているという事ですので、実際の陽性率はさらに高いと考えられます。これは危険領域です。非常に多くの陽性者を見逃している可能性が高いと推定されます。アメリカは日本よりはるかに多くの検査を行っていますが陽性率は20%程度で、専門家は、まだまだ陽性率が高すぎるので検査数を3倍は増やす必要があると訴えています。それが社会活動再開の最低条件だと主張しています。十分に検査をしているドイツは陽性率7%、韓国は3%です。20%以上の陽性率が続く東京は、非常に危険な状態と考えます。感染者数のみで一喜一憂するのではなく、真の姿をとらえる必要があります。
(検査数、陽性率に関するNew York Times誌の記事)
https://www.nytimes.com/interactive/2020/04/17/us/coronavirus-testing-states.html?smid=em-share
(東京都のデーター)
https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!