新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

長崎に停泊中のクルーズ船で集団感染、33人が陽性反応に!乗員の下船報告も!乗組員が600人超 

*クルーズ船
長崎市の造船所に停泊中のイタリアのクルーズ客船「コスタ・アトランチカ」で集団感染が発生しました。

このクルーズ船では4月20日に乗員1人の感染が確認され、それに関連した濃厚接触者を調査した結果、計33人から陽性反応が出たと報告されています。
乗員は600人超で、県は3月13日に乗員の下船を自粛するように要請していましたが、運営会社側の判断で14日以降も乗員の下船行為が行われていました。

中村法道知事はクルーズ船のPCR検査を実施して、陰性の人は出来るだけ早く帰国させるとしています。

既に自衛隊の派遣要請が行われ、同時に厚生労働省のクラスター対策班とDMAT(災害派遣医療チーム)が活動を開始する予定です。

再びクルーズ船で大規模な感染が発生した形で、このままだと第2のダイヤモンド・プリンセス号になる可能性もあると言えるでしょう。下船行為を見落としていた行政にも不満の声が多く、地元住民からは情報公開の徹底や検査強化を求める意見が相次いでいました。

 

長崎停泊中クルーズ船でクラスター 3月14日以降も船員が下船
https://this.kiji.is/625512226894627937

 長崎市香焼町の三菱重工業長崎造船所香焼工場に停泊しているクルーズ船コスタ・アトランチカ(イタリア船籍・8万6千トン)の船内で、外国籍の船会社社員が新型コロナウイルスに感染した問題で、県と同市は22日、濃厚接触の可能性のある乗組員ら57人の検査の結果、33人の感染を確認したと発表。船内でクラスター(感染者集団)が発生したとの認識を示した。中村知事は自衛隊に派遣を要請する方針。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!