新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

ソフトバンクが4万人抗体検査、陽性率は0.43% 医療従事者などは1.79%に!東京・大阪・千葉が上位


ソフトバンクグループが約4万人を対象にした新型コロナウイルスの抗体検査の結果を発表しました。

ソフトバンクによると、この抗体検査で陽性反応が出たのは191人で全体の0.43%、医療関係者の数値も1.79%となり、全体的にかなり低い数字になったとのことです。
都道府県別の陽性率(医療関係者)だと東京都が一番多く、次いで千葉県、大阪府、広島県、北海道、福岡県となっていました。

今回の抗体検査を受けた人数は4万4066人で、その内の3万8216人はソフトバンクグループの関係者です。
ソフトバンクグループの陽性率も0.23%と少なく、調査が結果が正しいとすれば、一般人の陽性率に関しては1%以下になると思われます。

あくまでも速報値ですが、非常に参考となるデータだと言え、他の調査結果と照らし合わせれば日本全体の感染者数を割り出すことが出来そうです。
*ソフトバンクの抗体検査の精度は感度97%・特異度99.99%

 

ソフトバンク 抗体検査速報値
https://group.softbank/system/files/pdf/antibodytest.pdf

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /
情報速報ドットコムの最新記事が届きます!