新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

西日本から東日本で豪雨予想、明日にかけて気象庁が注意喚起!本州の半分を覆い隠すほどの梅雨前線


日本列島の各地が大雨となっています。

気象庁によると、日本列島の半分を覆い隠すほどの巨大な梅雨前線の影響で、西日本から東日本の広い範囲で大気の状態が不安定になり、各地で14日にかけて激しい豪雨になる可能性があるとのことです。
6月14日朝までの24時間に降る雨の量は九州北部で180ミリ、中国地方で150ミリ近畿で120ミリ、関東甲信で100ミリと予想され、場所によっては15日朝まで大雨が長引く恐れがあります。

先日からの大雨に続いて連日連夜の豪雨となる地域もあることから、念の為に土砂災害や浸水、河川の増水・氾濫に警戒して下さい。

 

気象庁
https://www.jma.go.jp/jma/index.html

西~東日本 あすにかけ非常に激しい雨か 土砂災害など警戒
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200613/k10012469251000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

前線と湿った空気の影響で、西日本や東日本の広い範囲で大気の状態が不安定になり、局地的に激しい雨が降っています。14日にかけて断続的に非常に激しい雨が降るおそれがあり、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に警戒が必要です。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!