新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

検察が自民・河井夫妻の自宅から現金リストを押収か 1億5000万円の行方は?国会閉会後に立件へ


検察当局が河井案里議員や河井克行前法相の家宅捜索を行った際に、現金の配布先とみられるリストを押収していたことが分かりました。

これはNHKが報道した情報で、そのリストには地元議員や後援会幹部らの名前が書いてあったとのことです。
押収されたリストは2種類あり、合わせて100人以上の名前が記載されていたと報じられています。

夫の河井前大臣が票の取りまとめを依頼する形でリストがまとめられたと見られ、少なくとも2000万円以上は現金を配った模様。
更に妻の案里議員も自ら現金を配っていた疑いがあるとして、引き続き検察は公職選挙法違反の買収の疑いで、河井夫妻の刑事責任を追及するとしています。

河井安里議員を巡っては昨年夏の参議院選挙時に党本部から1億5000万円もの資金が提供されており、その資金の行方に注目が集まっていました。
案里氏の党支部が選挙運動費用として拠出したのは2405万円だけで、1億円以上が何処に行ったのかよく分かっておらず、そこから買収用の資金が捻出された可能性もありそうです。

安里議員の関係者らは選挙前の印刷物関連で1億円以上が使われたとしていますが、党本部からの資金提供があった19年分の収支報告書はまだ公開されていません。
既に検察当局が本腰を入れて動いている以上はかなり黒に近いのだと思われ、国会閉会後に河井夫妻を立件するというような話も飛び交っています。
*11月に収支報告書を公開予定

 

検察当局 河井夫妻の自宅から2種類のリスト押収 現金配布先か
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200613/k10012469621000.html?utm_int=all_side_ranking-social_003

自民党の河井案里参議院議員の陣営による選挙違反事件で、検察当局が現金の配布先とみられる地元議員や後援会幹部ら、合わせて100人以上の名前が記載された2種類のリストを押収していることが、関係者への取材で分かりました。

案里氏陣営、1億5000万円の大半どこへ 選挙費用2405万円
https://news.yahoo.co.jp/articles/438ee27fc3dedb2047744ac8f0af2e71bb713b66

 自民党の河井克行前法相(衆院広島3区)の妻案里氏(参院広島)が初当選した昨年夏の参院選広島選挙区で、河井夫妻側が党本部から提供された1億5千万円を何に使ったが焦点となっている。案里氏の党支部が選挙運動費用として拠出したとするのは2405万円。提供資金の全額を充てたとしても、残る1億2千万円余りの行方は明かされていない。河井夫妻による詳しい説明がない中、関係者の証言で探った。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!