新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

中国で集団感染、2ヶ月ぶりに50人超える!韓国は外出自粛を無期限延長へ IMFが世界経済見通しを下方修正


中国で再び新型コロナウイルスの集団感染が発生しました。

集団感染が確認されたのは首都北京の食品市場で、12日までの2日間に市場関係者ら7人の感染者が確認され、追加で検査をしたところ新たに36人の感染が確定。

中国当局によると、6月14日に中国本土で確認された新たな感染者は計57人となり、2ヶ月ぶりに50人を超えたとのことです。相次ぐ感染報告を受けて中国当局は警戒体制を強化し、感染者の動向を徹底調査するとしています。

また、隣国の韓国も新型コロナウイルスの感染が再び拡大していることを受け、ソウルなど首都圏を対象に外出自粛要請を無期限で延期すると発表しました。
韓国の外出自粛要請は6月14日が期限でしたが、首都圏での感染報告が増加していることから、無期限で外出自粛を続けることになった形です。

新型コロナウイルスの流行が長引いていることから、国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は、今年の世界経済見通しをさらに下方修正すると表明。
既に過去最悪クラスのマイナス成長が予想されていましたが、それに追加する形でマイナス幅が大きくなる見通しです。

当初は夏になれば収束するとも言われていただけに、楽観視していた予想は殆どが外れたと言えるでしょう。

 

中国 北京の食品市場 36人感染確認 新型コロナ再拡大を警戒
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200614/k10012470171000.html

食品市場で新型コロナウイルスの感染が確認された中国の北京で13日、新たに36人の感染が確認されました。地元当局は、先月末以降に市場を訪れたすべての人を対象にPCR検査を行うなど、感染が再び拡大することへの警戒を強めています。

【新型コロナ】中国の感染者急増-IMF、世界経済見通しを再修正へ
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-06-14/QBW1JPDWX2Q401

中国での新型コロナウイルス感染者数は13日、57人と4月中旬以降で最多となった。感染者の大半は北京で確認された。北京市当局は新型コロナが検出された市内の一部の食品市場を閉鎖した。
国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は、今年の世界経済見通しをさらに下方修正することになるとの予想を示した。同専務理事が13日行った演説がIMFのウェブサイトに掲載された。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /
情報速報ドットコムの最新記事が届きます!