新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

印象操作グラフで批判殺到、福島テレビが謝罪!調査した教授からも抗議メール 


*ツイッター
福島テレビが新型コロナウイルスの調査に関して、掲載したグラフの表記に誤解を招く部分があったとして謝罪しました。

問題となったのは9月17日に放送されたニュース番組「テレポートプラス」で使われた新型コロナウイルスの調査グラフです。
この調査グラフは日本とアメリカ、イギリスの3カ国を対象にして、「新型コロナウイルスに感染している人が居たら本人のせいだと思う?」などと質問した結果をまとめたもので、番組の放送後に「グラフ上の数値と長さが全く異なっている」としてネットで批判を浴びていました。

SNSでグラフが話題になると元のデータを調査した教授の目にも止まり、三浦麻子教授(大阪大)は福島テレビに抗議のメールを送ったとコメント。
その後に福島テレビ側がグラフの訂正文を発表し、その中で「誤った印象を持たせてしまったこと改めて謝罪いたします」と謝罪しました。

テレビ局が使うグラフは過去にも何度か長さがおかしかったり、数字の配分が明らかに異なるなどの問題があっただけに、改めてテレビ報道を鵜呑みにするのは危険だと示した騒動だと言えるでしょう。

 

番組内のグラフに「印象操作」 SNS物議で福島テレビが謝罪「体制の不備でした」
https://www.j-cast.com/2020/09/23395016.html?p=all

福島テレビ(FTV)は2020年9月21日、同局の番組内で新型コロナウイルスに関する調査結果を紹介した際、誤解を招くグラフを使用したとして謝罪した。
FTVはJ-CASTニュースの取材に、制作過程に不備があったとし、再発防止に努めるとした。

 

 

関連過去記事

テレビ局が棒グラフで印象操作と炎上!新型コロナのアンケートで英米と日本に数倍の差⇒実際は10%程度
https://johosokuhou.com/2020/09/20/37185/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /
情報速報ドットコムの最新記事が届きます!