新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

菅内閣の基本方針から「復興」の記述削除 平沢大臣「たまたまそういうことになった」


*官邸
菅内閣の「基本方針」から東日本大震災の復興に関する記述が無くなっていたとして、政権対応に批判が強まっています。

今まで政府の基本方針には「東日本大震災からの復興」「福島の再生」というような文言が含まれていましたが、9月16日に閣議決定された菅内閣の基本方針からは削除。

朝日新聞の記事によると、この削除理由について平沢勝栄復興相は「たまたまそういうことになった」と釈明し、曖昧な説明を繰り返すだけだったとのことです。
文書から東日本大震災の復興が丸ごと消えていることはインパクトが大きく、「このまま東日本大震災や福島原発事故は忘れ去れて行くのではないか」とする不安や懸念の声が国民から相次いでいます。

記者会見では「安倍政権を継承して復興を前に進める」などと語っていましたが、何とも腑に落ちない感じが残ります。

 

「復興」が消えたのは「たまたま」? 菅内閣苦しい弁明
https://www.asahi.com/articles/ASN9S6RQ1N9SUTFK017.html

菅内閣が16日の初閣議で決定した「基本方針」で、安倍内閣で掲げていた東日本大震災からの復興に関する記述がなくなったことをめぐり、政府側が苦しい弁明を続けている。平沢勝栄復興相は「たまたまそういうことになった」と釈明。加藤勝信官房長官は基本方針に「安倍内閣の取り組みを継承」との文言があることを理由に問題とはならないとの立場を強調した。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /
情報速報ドットコムの最新記事が届きます!