新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

中曽根元首相の葬儀に約9600万円の予備費、菅内閣が閣議決定 税金の使い道として疑問が 


*中曽根元首相
9月25日の閣議で政府は故中曽根康弘元首相の合同葬に約9600万円の予備費を計上すると決定しました。
経費として政府が1億円近い金額を中曽根元首相の葬儀に使う形となりますが、この予備費の使い道を巡って、国民の間では賛否両論の激論となっています。

元々、予備費とは通常の予算とは違って緊急時や一般会計の予算が不足して、議会の承認作業を省略して使うための臨時予算のことです。

新型コロナウイルスの対策費も予備費から多くが捻出されていますが、それと同じ扱いで中曽根元首相の葬儀に税金を投入するのはどうなのかと国民から疑念の声が浮上。
ただですら日本政府はムダ削減として財政を削りまくっているのに、個人の葬儀に約1億円も投入する政府姿勢に批判が高まっています。

ネット上だと「元首相だからこそ国が国費で賄うべき」というような意見も見られ、人によって賛否が大きく割れている印象でした。

国外だとこの辺りの定義はバラバラで、公職を辞めた人は一切補償や支援がない国もあれば、日本みたいに手堅く葬儀まで負担する場合もあります。
ただ、葬儀に1億円は中々大きいな数字で、庶民感覚からすると「金銭感覚がかけ離れている」と言わざるを得ないところです。

自助を掲げている菅政権が決定したことも違和感を加速させていると言え、「公職の人たちだけは自助が無いのか」と不満を感じます。

 

中曽根氏の葬儀に9千万円 政府が閣議決定、予備費から支出
https://www.sankei.com/politics/news/200925/plt2009250013-n1.html

 政府は25日の閣議で、内閣と自民党による故中曽根康弘元首相の合同葬の経費として約9600万円を計上することを決定した。令和2年度一般会計予備費から支出する。合同葬は10月17日午後2時から東京・高輪のグランドプリンスホテル新高輪で実施される。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /
情報速報ドットコムの最新記事が届きます!