新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

小泉進次郎環境相がポロリ 「レジ袋有料化、ゴミ削減にたいしてつながらないです」


*小泉進次郎氏
小泉進次郎環境相がレジ袋有料化について、ゴミ削減にあまり繋がっていないと明らかにしました。

これはNEWSポストセブンが取り上げたインタビュー記事の中で小泉環境相がポロッと漏らした情報です。

インタビューで小泉環境相はレジ袋有料化とゴミ削減の関して、「たいしてつながらないです」「レジ袋有料化の目的は量ではないんです。900万tあるプラスチックゴミのうち、レジ袋が占める割合は2、3%程度です。もともと、レジ袋を使わなくなったとしても、削減できるプラスチックゴミの量は微々たるものだということをわかった上で始まっているんです」とコメント。

最初の時点でレジ袋有料化とゴミ削減はイコールではなく、あくまでもレジ袋有料化をキッカケにして、プラスチックゴミ削減に問題意識を持ってもらうことが最大の目的だったと語っていました。

インタビューをしていた杉村太蔵氏からは「そうなんですか!?」と驚きの声が飛び出たほどで、このインタビュー記事はネット上でも物議を醸しています。

レジ袋有料化がゴミ削減に繋がらないことは専門家から指摘を受けていましたが、環境相もそれを認めたのは非常に大きな発言であると言えるでしょう。

 

小泉進次郎環境相に杉村太蔵が直撃! 今なぜレジ袋有料化か
https://news.yahoo.co.jp/articles/74a99c4ffd2915cb5b87ac07760f526701434a0b

杉村:ただ、はっきり言って、レジ袋を使わなくなるとどのくらいプラスチックゴミの削減につながるのかはピンときません。実際、どうなんでしょうか?

小泉:たいしてつながらないです。

杉村:そうなんですか?

小泉:推奨している大臣が「たいしてつながらないです」というコメントをすると、「えっ!?」と思われるかもしれませんが、レジ袋有料化の目的は量ではないんです。900万tあるプラスチックゴミのうち、レジ袋が占める割合は2、3%程度です。もともと、レジ袋を使わなくなったとしても、削減できるプラスチックゴミの量は微々たるものだということをわかった上で始まっているんです。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /
情報速報ドットコムの最新記事が届きます!