新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

菅義偉首相、福島訪問で「復興」を強調!指示書にも復興記載とアピール 初閣議での復興無し批判にピリピリ?


9月26日に菅義偉首相が福島県を訪問しました。

菅首相は福島県の双葉町にある東日本大震災・原子力災害伝承館や広野町の福島県立ふたば未来学園中学校・高等学校を視察。

視察後の会見で「私自身、『福島の復興なくして、東北の復興なし。東北の復興なくして、日本の再生なし。』これは私の内閣としての基本方針です。組閣の日に、全閣僚に指示書を渡しました。その中にこのことをしっかり書き込んでおります」と述べ、全閣僚に向けた指示書にも東北の復興を明記して伝えたと強調していました。

先日に初の閣議決定で決まった内閣方針に「東北の復興」が書いていないとして批判を浴びていただけに、それを意識して東北の復興を強調したのだと思われます。

福島第一原発の訪問時には汚染水の処理に関しても、「ALPS(多核種除去設備)処理水についても、タンク等を視察してまいりました。今後できるだけ早く、政府として、責任をもって処分方針というものを決めたい、このように思っています」などとコメントし、近い内に政府として汚染水処理の新方針を打ち出すと示唆していました。

汚染水処理を巡っては福島第一原発の敷地にある貯蔵タンクが溢れ返っていることから、海洋放出の案が浮上している状態で、地元住民との調整作業が続いています。

 

福島訪問時の菅首相

 

福島復興は「内閣の方針」 被災地重視、初視察でアピール 菅首相
https://news.yahoo.co.jp/articles/4389c5b3dba528f29680ed529d9f08e91e569640

菅義偉首相は26日、東日本大震災の被災地である福島県を、就任後初めて訪問した。
東京電力福島第1原発(大熊、双葉両町)などを視察後、記者団に「福島の復興なくして東北の復興なし、東北の復興なくして日本再生なし。これは私の内閣としての基本方針だ」と強調した。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /
情報速報ドットコムの最新記事が届きます!