新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

森友問題で遺族が改ざん経緯の説明要請⇒国が回答拒否!「回答する必要はない」


森友学園問題で財務省の決算文書が改ざんされていた件で、関与を指摘されて自殺した近畿財務局の男性職員の妻が国に情報開示を求めたところ、国が拒否したことが分かりました。

NHKの記事によると、亡くなった近畿財務局の職員・赤木俊夫さんの妻・雅子さんが国を訴えており、国と財務省の佐川元理財局長に1億1000万円余りの賠償を求めているとのことです。
この裁判で雅子さんは「賠償金ではなく真実を知ることです」として、国に改ざん経緯の説明や関連資料の開示を求めていましたが、国側は「回答する必要はない」と返答し、一切の回答をしませんでした。

あくまでも賠償の有無を決める裁判だと国は主張している状態で、賠償と直接の関係がない経緯や内容の開示は関係がないとの一点張りになっています。

他にも野党系の議員や関係者から情報開示請求はありましたが、政府側が行った独自調査で森友学園問題は終わったと繰り返すばかりで、真相は今も分かっていません。
安倍政権の方針を引き継ぐとした菅政権は森友学園問題の再調査を拒んでいることから、このようなやり取りは続くことになるでしょう。

 

”森友問題”裁判 改ざんの経緯や内容 国「回答する必要ない」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200926/k10012635561000.html?utm_int=all_side_ranking-social_004

財務省の決裁文書の改ざんに関与させられ自殺した近畿財務局の男性職員の妻が「真実が知りたい」として国などを訴えている裁判で、国側は25日、書面を提出し、妻が求めていた改ざんの経緯の詳細な説明について「回答する必要はない」と拒みました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /
情報速報ドットコムの最新記事が届きます!