新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

分科会の尾身会長「ステージ3でGoTo停止をするべきだ」日本医師会・中川会長「地域医療が瀬戸際に追い込まれている」


*国会
新型コロナウイルス対策分科会の尾身茂会長がステージ3を条件にして、GoToトラベルの停止を行うべきだと提案しました。

12月9日に行われた衆議院の厚生労働委員会で尾身会長は「ステージ3相当の地域は今の感染状況を打開するにはGoToを含めて人の動き、接触を控えるべき時期だ」と述べ、ステージ3以上の対象地域でGoToトラベルを全面中止するべきだと言及。
人の移動を止めなければ、今の感染状況を打開することは出来ないとして、政府に踏み込んだ強い措置の実施を求めていました。

また、同じ日に日本医師会の中川会長も記者会見を行い、「旭川市や北海道に限った話ではなく、地域医療が瀬戸際に追い込まれる状況にある。医療従事者の心身の疲労もピークに達しており、大変困難な状況が生まれている」と発言し、新型コロナウイルスの感染者急増で地域医療が壊れる寸前だと強調しています。
専門家から相次いでGoToの見直しや厳しい移動制限措置の要請が出ていますが、政府は依然として方針を変える気配はなく、このままだと感染者はさらに増え続けることになるでしょう。

 

【GoTo再開「感染を下火にしてから」 政府コロナ分科会会長】

政府の新型コロナ対策分科会の #尾身会長 は政府が #GoToトラベル の期限を来年6月末まで延長する方針を決めたことについて、感染を下火にしてからGoToを再開するべきとの認識を示しました。

東京都医師会の猪口正孝副会長は新型コロナウイルスで都内の入院患者が急増していることを受け、このままでは「救える命も救えなくなる」と強い危機感を示しました。

東京都内で新型コロナウイルスに感染して入院している人は8日時点で1850人で、都が確保した新型コロナ用の病床の約7割が埋まっています。東京都医師会の猪口副会長は8日の記者会見で、このまま感染者が増え続ければ「一気に8割、9割に達する恐れがある」と話しました。また、介護が必要な高齢の感染者などを受け入れられる医療機関のベッドは限られているため、猪口副会長は「救えるはずの命が救えなくなる可能性がある」と強い危機感を示しました。東京都医師会は医療現場を守るために都民ができるのはマスクの着用や3密回避など、基本の対策を徹底することだと強く訴えています。

尾身氏「ステージ3地域、GoTo停止を」 衆院厚労委
https://www.asahi.com/articles/ASND942ZXND9ULBJ006.html?twico

政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は9日の衆院厚生労働委員会で、「ステージ3相当の地域は今の感染状況を打開するには『Go To』含めて人の動き、接触を控えるべき時期だ」と述べた。高齢者や基礎疾患がある人を自粛としている東京都の「Go To トラベル」について、すべての人を対象に一時停止すべきだとの認識を示した

日本医師会 中川会長 コロナ「誰もが感染している可能性ある」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201209/k10012755201000.html?utm_int=all_side_ranking-social_005

新型コロナウイルスの感染拡大をめぐり、日本医師会の中川会長は、地域医療が瀬戸際に追い込まれている大変困難な状況だとしたうえで「誰もが感染している可能性がある」と述べ、さらに感染者数を増やさないよう、感染防止策の徹底を改めて呼びかけました。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /
情報速報ドットコムの最新記事が届きます!